体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

濃厚でも爽やか、サワークリームの「ロシアもんじゃ」

2月24日放送の「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系、午前09時25分~)では、小田急線で途中下車しながら、ぶらり旅した中で、「おそうざいと煎餅もんじゃ・さとう」(東京都渋谷区)が紹介された。

東京メトロ千代田線代々木公園駅1番口から徒歩2分の同店は、惣菜の販売やもんじゃ焼きを提供をしているお店。

店の奥で頂けるもんじゃ焼き、紹介されたのは「ロシアもんじゃ」(1,728円)だ。牛筋の煮込み、ビーツ、紫キャベツ、ニンニク、ネギなどを材料とし、土手を作らずに鉄板に流し込む。鰹だし、干し海老、きりイカ、天かす、青海苔が香る中にウスターソースをかけ、サワークリームを載せて頂く。店の方によるとクリームは混ぜずに食べて春を感じて欲しいとのこと。店名にもある煎餅もんじゃだが、こちらは土手を作らず鉄板に流れた生地を煎餅状に仕上げたもので、おつまみのように頂く。
店を訪れた太川陽介さんは煎餅もんじゃを口にすると、「美味しいね」と笑顔になった。

クリームのない冬のロシアもんじゃに太川さんは「凄い爽やかだけど、冬じゃないな、なんかもっといい、僕はもう、春でいいけど。ビーツの酸味、それがとっても爽やか」とコメントし、溶けてきたサワークリームと一緒にもう一口頂く。「うまいね、ずいぶんこう濃くなったけど、それでも爽やかだもんね」と続けた。

最後に紹介されたのは、締めにオススメの「レモンじゃ」(1,296円)で、ご飯を混ぜて頂くのが美味しいのだとか。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:おそうざいと煎餅もんじゃ さとう(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:代々木上原のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:代々木上原×和食のお店一覧
漬け白菜と豚バラ肉を特製ダレで味わう「白菜と豚バラ肉の鍋」
牡蠣の旨味が詰まった「干し牡蠣のオイスターソース煮」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。