体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

渡部陽一も思わず早口に!? 初の映像作品は山形の「ものの婦」

渡部陽一も思わず早口に!? 初の映像作品は山形の「ものの婦」

 戦場カメラマンの渡部陽一さんが初の映像作品を監督。山形県のものづくりを支える女性たちを追った動画「ものの婦」が、2018年2月26日に公開されました。普段ゆっくりと噛みしめるように話す渡部さんが、撮影中に思わず早口になってしまったという、その内容。

【さらに詳しい元の記事はこちら】


 山形県のものづくりを追う動画を撮影することになった渡部陽一さん。いわゆるスチール撮影では豊富な経験を持つ渡部さんですが、動画(ムービー)の撮影はこれが初めて。撮影用のリグなど、初めて見る撮影機材ばかりで、まず使い方などを教わったそうです。

 スチール写真と映画を両方手がけた人物もいますが、基本的には違う方法論で撮影されることが多く、なかなか難しいものです。渡部さんによると、普段の写真撮影では「一撮入魂」といった感じだそうですが、今回の映像作品については「相手の方の声だけでなく、振る舞いの動きのシルエットであったり、周りの気配だったり、色の変化であったりを捉えることができる」という違いを魅力として感じたそうです。

 撮影では、ものづくりの現場で日々情熱を持ち、ひたむきに戦い続ける女性職人を現代社会における「武士(もののふ)」と捉えて、そのようなコンセプトで渡部さんは臨んだそうです。ものづくりの「もの」ともかかってるような気がしますね。

 今回の撮影で訪ねたのは、杜氏の夫と完全手作りの酒造りに励む女性や、生まれも育ちも東京でありながら、強い信念のもとアポなしで弟子入りを志願し、剪定鋏職人の道を歩み始めた女性、現役最年長の段通職人の女性、そしてブランドのハイエンドモデルを製造する時計工場で、最難関の技能検定をクリアしたマイスターの女性など。いずれも道を極めたり、極めようとする人々です。


 戦場でも「ひと」に迫る撮影手法で知られる渡部さん。同じように、ものづくりに取り組む山形の女性たちの表情や、ものを生み出すその手に注目して迫っていきます。確かに、真剣に仕事に臨むその表情は「もののふ」のよう。さすがに被写体の女性たちは、あまりにグイグイ接近してくるので最初は面食らったそうですが、渡部さんの「おぉ、素敵です」「笑顔がバッチリ撮れました」などといった柔らかい言葉で、徐々に緊張がほぐれていったそうですよ。


1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。