体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Samsung、2018年フラッグシップ「Galaxy S9」「Galaxy S9+」を正式発表

Samsung は 2 月 25 日、スペイン・バルセロナで開催された Unpacked イベントにおいて 2018 年のフラッグシップスマートフォン「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」を正式に発表しました。
Galaxy S9 シリーズは 2018 年の Galaxy S8 シリーズの後継モデルで、Galaxy S8 のデザインを踏襲しつつ、プロセッサやカメラ、スピーカー、オーディオ機能を刷新することで前作よりも性能や機能が着実に進化しています。
Galaxy S8 シリーズと同様に、ディスプレイは、Galaxy S9 が 5.8 インチ、Galaxy S9+ が 6.2 インチのインフィニティディスプレイ(18.5:9)を採用しています。
Galaxy S9 シリーズの代表的な進化ポイントは新しいデュアルカメラを搭載した点です。
Galaxy S9 のリアカメラはシングル構成ですがスーパースローモーション撮影と可変式 F 値の Super Speed Dual Pixel 1,200 万画素(F1.5 / F2.4、OIS)を搭載し、Galaxy S9+ については Super Speed Dual Pixel カメラに加え、望遠側カメラとして 1,200 万画素(F2.4)のイメージセンサーが追加されています。
Samsung の新しい Super Speed Dual Pixel カメラはメモリ内蔵型のイメージセンサーで、960fps のスローモーション動画を撮影できる他、シーンの動きを検出して重要な箇所を自動的にスローモーションにすることや、複数の BGM とループスタイルでオシャレなムービー、あるいは GIF アニメーションを作成することもできます。
もう一つ重要な要素として Dual Aperture システムがあります。
これは周囲の明るさに応じてレンズの F 値を F1.5 または F2.4 の中から自動的に選択する機能で、特に低照度撮影時には従来よりも明るく綺麗に撮影できるとされています。
カメラ機能には「AR Emoji」と呼ばれる人物の 2D 写真から 3D モデルを作成し、AGIF 形式のアニメーションやステッカーとして活用できる機能も追加されました。
Galaxy S9 シリーズではオーディオ機能の進化も見逃せません。
まずステレオスピーカーになって音楽や動画の音をステレオで視聴できるようになりました。
次に AKG の専用チューニングが施されている点、そして Dolby Atomos のバーチャルサラウンドにも対応しているところです。
オーディオ周りはすごく進化している印象です。
Galaxy S9 シリーズは投入国によって搭載するプロセッサが異なりますが、10nm 64-bit の 2.7GHz x4 + 1.7GHz x4 のオクタコアプロセッサまたは 10nm 64-bit の 2.8GHz x4 + 1.7GHz x4 オクタコアプロセッサを搭載しています。
また、シングル SIM 版とデュアル SIM 版(ハイブリッド SIM / Micro SD)の 2 タイプがあります。
メモリは、Galaxy S9 が 4GB RAM + 64GB / 128GB / 256GB ROM、Galaxy S9+ が 6GB RAM + 64GB / 128GB / 256GB ROM という構成です。
どちらも Micro SD カード(最大 400GB)をサポートしています。
バッテリー容量は、Galaxy S9 が 3,000mAh で、Galaxy S9+ が 3,500mAh です。
どちらも USB Type-C を採用しており、Quick Charge 2.0 の急速充電機能や WPC + PMA のワイヤレス充電に対応しています。
他にも、指紋認証、虹彩認証、フェイスアンロック、Wi-Fi a/b/g/h/ac(MU-MIMO、1024QAM)、LTE Cat 18、Bluetooth 5、NFC、MST(Samsung Pay)、ANT+、GPS / Glonass / Galileo / Beidou の GNSS システム、IP68 レベルの防水・防塵に対応しています。
Galaxy S9 シリーズのグローバルローンチは 3 月 16 日で、カラバリは Midnight Black、Titanium Gray、Coral Blue、Lilac Purple となっています。
Source : Samsung

■関連記事
TCL、Alcatel 2018年モデル Alcatel 5 / 3 / 3X / 3Vを発表
LG、独自のAI機能でパワーアップした「LG V30S ThinQ」シリーズを発表
18:9ディスプレイのgooスマホ最新モデル「g08」のファーストインプレッション

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。