体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』特報映像&最新ビジュアルが公開

『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』特報映像&最新ビジュアルが公開

 『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の特報映像と最新ビジュアルが公開された(https://youtu.be/nhbuZpcdHTo)。

特報映像

 2008年7月期にCX系列で1st Seasonが放送され、平均視聴率、最高視聴率ともに同クール連続ドラマ内第1位を記録する大ヒットとなった連続ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』。<リアルな医療・災害現場の描写><患者とそれに接する人々が織りなす感動の人間ドラマ><主人公たち5人の成長物語と絆>を描いた本作は、それまでの医療ドラマと一線を画する作品として多くのファンを生み、スペシャルドラマ(2009年)、2nd Season(2010年)と次々に続編が制作され、いずれも大好評を博した。

 そして昨夏、7年ぶりの連続ドラマ最新作となった3rd Seasonも平均視聴率14.6%、最高視聴率16.4%と、ともに同クール連続ドラマ内で第1位となり、その変わらぬ人気を示すとともに、かねてより映画化を求める多くのファンの声に応えるべく、この度、誕生から10周年となる2018年7月27日に劇場版の公開が決定した。

 今回、初解禁された特報では、これまでTVシリーズで描かれてきた数々の大規模災害を上回る、“成田空港”と“海ほたる”で未曽有の大事故が連続発生する様子や、主演の藍沢耕作を演じる山下智久をはじめ、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介の『コード・ブルー』を10年間支えてきた5名が、果敢に災害に立ち向かう様子が描かれる。シリーズ史上最悪の災害現場に、彼らはどのように立ち向かうのか。夏まで公開が待ちきれない特報映像となっている。

◎公開情報
『劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-』
2018年7月27日(金)より全国東宝系にてロードショー
(C)2018「劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会

関連記事リンク(外部サイト)

山下智久主演ドラマ『アルジャーノンに花束を』主題歌にベット・ミドラーの名曲が起用
伊藤英明と山下智久、熱い男同士の友情? 「褒めあうのは気持ち悪いよね」
戸田恵梨香と大原櫻子がダブル主演決定、戦時中の実話をもとにした『あの日のオルガン』

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。