体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

JUNHO(From 2PM)、日本武道館でソロツアー終幕&2018年夏ツアー発表

韓国の6人組ボーイズグループ・2PMのソロメンバー“JUNHO (From 2PM)”の初となる冬の全国ソロツアー『JUNHO (From 2PM)Winter Special Tour “冬の少年”』が2月24日、東京・日本武道館でファイナルを迎えた。『2017 S/S』以来半年ぶりとなる今回のツアーは、ソロとしては初めての冬のツアー。2018年1月に発売したアルバム『Winter Sleep』の収録曲を中心に、“癒し”をテーマとして表現しながらファンたちとの暖かい交流を続けてきた。
2月24日@東京・日本武道館 photo by 田中聖太郎写真事務所 (okmusic UP's)

ライブは冬らしく暖かい雰囲気の世界観を披露。俳優としても活躍するJUNHOならではの表現力が十分に発揮され、様々な姿を見せた。客電が落とされると、幕にはJUNHOのシルエットが浮かび上がり、幕が上がると大量のドライアイスに包まれたJUNHOが登場し、このツアーの1曲目のために制作された「Frozen Heart」を歌い始めると、日本武道館が大きな歓声で揺れた。寒く、凍てついた雰囲気から徐々に温度を上げていくJUNHO。それに応えるかのように、客席の歓声も大きくなってゆく。

今回の大きな演出のひとつである「Winter Sleep」でのパフォーマンスでは、ホログラムの映像が投写された幕越しでJUNHOが熱唱。立体的に表現されたCG映像とJUNHOが見事にマッチングし、会場は幻想的な雰囲気に。ペンライトが全て消された会場からは、感嘆の声が漏れた。これまでの代表曲をアコースティックスタイルにアレンジして披露したり、ライブ後半では、夏男JUNHOのごとくアップテンポな楽曲を連発。満員の日本武道館は、大きな歓声に包まれた。JUNHOが2PMのために書き下ろした「SET ME FREE」で観客と一体になり、本編が終了。

ツアーTシャツでアンコールに登場したJUNHOは「DSMN」を激しいダンスでパフォーマンスし、会場はさらにヒートアップ!最後のMCではバンド、ダンサーを一人ずつ紹介し、スタッフそしてファンも含めた全てに丁寧に感謝の気持ちを伝え、「みなさん、本当に大好きです!」と挨拶し、超満員の会場はこの日一番の歓声に包まれた。

終演後に場内スクリーンに「緊急告知!」と共に夏のTOURを発表する告知映像が流れ、大歓声と共に9公演の全国ツアーの幕を下ろした。

photo by 田中聖太郎写真事務所
『JUNHO (From 2PM) Solo Tour 2018 “タイトル未定”』
6月30日 (土) Zepp Nagoya

7月01日 (日) Zepp Nagoya

7月04日 (水) 大阪オリックス劇場

7月05日 (木) 大阪オリックス劇場

7月10日 (火) Zepp DiverCity Tokyo

7月11日 (水) Zepp DiverCity Tokyo

7月13日 (金) 福岡サンパレス ホテル&ホール

7月14日 (土) 福岡サンパレス ホテル&ホール

7月21日 (土) Zepp Sapporo

<チケット>

・全Zepp公演/1Fスタンディング¥9,500(税込)/2階指定席¥9,500(税込)

※Zepp公演に関しては、入場時にドリンク代500円(税込)別途必要となります。

・大阪、福岡公演/全席指定¥9,500(税込)

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy