体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日産SUVの実力や、いかに? ジューク、エクストレイルをエクストリーム試乗

▲1月下旬、長野県北佐久郡立科町の女神湖で試乗した「ジューク」と「エクストレイル」についてレポートする

▲1月下旬、長野県北佐久郡立科町の女神湖で試乗した「ジューク」と「エクストレイル」についてレポートする

街で乗るには十分の4WDモデル。氷上ではどう走る?

毎年恒例となっている日産の氷上試乗会。氷の上という『究極に滑りやすい路面』で車の性能をみる貴重な機会である。本記事では4WDのSUV車「エクストレイル」と「ジューク」について感想を述べたい。 リーフ(電気自動車)、ノート e-POWERの氷上試乗記はこちら

まずはジューク。

初めはスタビリティコントロール(横滑り防止機構装置)をONの状態で様子をみてみた。

発進は、ゆっくりとアクセルを開けていけば問題なく進む。しかし、少し速度を乗せようとアクセルを踏み込むと、途端に安定性が失われるのだ。

ジュークは足回りが少々スポーティな印象なので、氷上では路面とのコンタクトが希薄となってしまうのだろう。このようなコンディションでは、路面からの入力を溜め、ワンクッション置くサスペンション設定の方が、唐突な動きが少ないのだ。

また、ジュークの電子スロットルは、車が「滑った」と同時に、エンジン回転を抑制する仕組みになっている。とはいえ前には進むわけなので、慣性が働き、ちょっとした動力の差と路面の凸凹で姿勢が乱れてしまう。

これが、ステアリングをまっすぐにしていても不安定になる要因だ。

コーナーでは、手前で速度を落としステリング操作で曲がろうとしたが、曲がらず外へ出た。仕方ないので、1回逆にステリングを切ってフェイントをかけ、慣性ドリフトの状態でコーナーを曲がる。が、エンジンをコントロールしようとするが滑っているので反応しない。そのまま失速し、止まる寸前にまた息を吹き返す。

……つまり、安全なのだ。

このような場で、有識者が氷上走行を“楽しむ”のには向いていない制御だが、一般道でいざという瞬間には、これでないと横滑りを最小限にとどめられない。

が、私はどうにもエンジンの反応が満足できないので、途中でスタビリティコントロールをOFFにし、サイドブレーキとアクセルコントロールを多用し限界走行を行った。前述したとおり、基本的には滑りやすいので、このような走行イベントでは単純に楽しいが、コースを理想どおりにトレースするのは難しかった。

ジュークは、ホイールベースが短くキビキビした走りの小型SUV。雪や氷といったエクストリームなシチュエーションをスポーティに走破するというよりは、「アスファルトマイスター」のようなモデルだ。逆に、雨の日のアスファルトで実感するスタビリティを、雪上でそのまま披露することは難しいだろう。

▲日産 ジューク

▲日産 ジューク

Photo:尾形和美

続いて、エクストレイル。

乗り心地に定評があるモデルだ。確かに、寛容なサスペンションセッティングは、直進安定性も高いので懐が深く、疲れにくい印象がある。

初めは「AUTOモード」で試乗した。やはり車の動きはワンテンポ遅れるが、確実に前には進んで行く。

乗り心地と安定感はとても良好だ。心地よいサスペンションセッティングはブレーキングから安定感抜群。“溜め”のあるサスペンションは、滑る路面で本領を発揮した。

コーナーを曲がると車体が外に向かっては行くが、ステアリングを大きく切らずブレーキをガマンしていれば、徐々に中に入り込もうとする。極限でも『進もう』とする意思がはっきりと感じられた。

前後を直結した「LOCKモード」でも走行してみた。走り出しから一気にワイルドな挙動になるが、やはりエクストレイルはジェントルなモデルだ。

200mほどの氷盤ストレートを、多少横を向きながらもまっすぐに走り抜けた。極限状態でも、極めてコントローラブルなのだ。同乗していた編集部の井上さんも、特に驚いたような素振りは見せなかった。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。