体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フリーダム級沿海域戦闘艦11番艦「ミネアポリス・セントポール」起工

フリーダム級沿海域戦闘艦11番艦「ミネアポリス・セントポール」起工

 2018年2月22日(現地時間)、アメリカ海軍のフリーダム級沿海域戦闘艦11番艦となる、ミネアポリス・セントポール(LCS-21)の起工式が、ウィスコンシン州マリネットにあるフィンカンティエリ・マリネット・マリーン造船所にて執り行われました。アメリカ海軍の沿海域戦闘艦としては、21番目の艦となります。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 ミネアポリス・セントポールの起工式は、船体に取り付けられる艦名パネルに、スポンサーのイニシャルを溶接で記すという伝統の儀式。ミネアポリス・セントポールのスポンサーはジョディ・J・グリーン海軍副次官補です。このパネルは、日本で建物を建設・修繕する際に取り付けられる「棟札」に似た風習です。

 沿海域戦闘艦は、それぞれの原型になった試作艦、フリーダム、インディペンデンスを除いて、アメリカの都市名がつけられています。ミネアポリス・セントポールは珍しく、隣接する2つの都市名の複合名称である、ミネソタ州のミネアポリス・セントポール都市圏(ミネソタ州最大の人口を誇るミネアポリスと、ミネソタ州都であるセントポール)から名づけられます。この都市圏は通称「ツイン・シティ」という名で親しまれ、メジャーリーグのミネソタ・ツインズの由来となった街です。

 ミネアポリス・セントポールの名を持つアメリカ海軍の艦艇は、これが2隻目。初代は1984年3月10日に就役し、2008年8月28日に退役したロサンゼルス級攻撃型原子力潜水艦(SSN-708)で、水上艦としては初めてとなります。

 グリーン副次官補は、起工式を終えて「この、将来ミネアポリス・セントポールとなる艦(命名式前なのでこのような表現になる)のスポンサーとなるというのは、非常に光栄なことです。これから始まる建造工事に携わる方々、そして就役してからの乗組員の皆さんをサポートすることを楽しみにしています。きっとミネアポリス・セントポール都市圏の人々も、この船が就役し、海軍艦隊の一員となった際には、誇りをもってサポートしてくれることでしょう」とのコメントを発表しています。

 現在フィンカンティエリ・マリネット・マリーン造船所では、8隻の沿海域戦闘艦が並行して建造されています。これまでの建造実績からすると、ミネアポリス・セントポールが進水するのはおよそ2年後、就役はおよそ4年後になると見込まれます。

 Image:Lockheed Martin

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

アメリカ陸軍が新型空対地ミサイルJAGMを試験中
ノルウェー空軍用F-35Aのドラッグシュート試験成功
ポーランド空軍がM-346練習機を受領・運用開始

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy