体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NASAの探査機Juno、木星の南極のタイプラプス撮影に成功!

米国航空宇宙局(NASA)の木星探査機Juno(ジュノー)から、なんとも美しい木星の南極画像が送られてきた。

木星へ接近した2月7日に撮影されたもので、色を強調したタイムラプス。南極一帯がインディゴ色なのが見て取れる。

画像はNASAのWebページで公開されている。

・11回目の木星への接近

ジュノーは2011年に打ち上げられ、2016年に木星の周回軌道に入った。今回撮影が行われた2月7日は11回目の木星への接近だった。

木星を覆う雲の上層部から約14万〜20万キロメートル離れたところで撮像カメラ「JunoCam」を使ってタイムラプス撮影に成功した。

・RAW画像を一般向けに公開

タイムラプスで撮られた5枚の画像を見ると、どれも同じように見える。しかし細部をよく観察すると微妙に異なり、特に両端の画像を比べると違いが明らかだ。

撮影範囲もそれぞれ違うのは、Junoが軌道上を動いている証拠でもある。何百万マイルも地球から離れているところを周回しながら、こうした映像を送ってきているのだ。

今回公開された木星の南極画像は、「生」のデータRAW画像も一般向けに公開されていて、ダウンロード可能となっている。

NASA

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy