体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

文字を音声に変換する視覚障がい者向けスマート眼鏡 「OTON GLASS」

文字を読む。この行為ができずに苦しむ人々が、世界には大勢存在する。視覚障がい者や読字障がい者、低視力の高齢者などを合わせれば、その数は億単位。世界一の識字率を誇る日本ですら、数千万人の人々が、文字を読むことができないという。

そんな人たちのために開発されたのが、「OTON GLASS(オトングラス)」だ。文字を音声に変換し、ユーザーに伝える画期的なスマートグラス。ボタン1つで操作できる利便性も、製品の大きなポイントとなっている。

・ボタンを押すだけで文字を読み上げる

利用の手順は、次のとおり。まず、眼鏡をかけた状態で、読みたい文字に向かう。眼鏡には小型カメラが搭載されており、これを起動するため、フレーム横にあるボタンを押す。撮影した文字は、クラウド上ですぐに認識される。その後、音声に変換され、ユーザーに内容が伝わる仕組みだ。

製品誕生の発端は、開発者の父親の失読症。脳梗塞が原因で、言語野に傷がついた父親に、なんとかして文字を読めるようにしてあげたい、と考えたことがきっかけとなった。その後、4年の歳月をかけて完成したのが、この「OTON GLASS」。今は、受注生産で10台程度を販売。個人の視覚障がい者、盲学校、支援施設、眼科、目の健康を支える企業など、研究開発への協力を前提に、購入してもらっているそうだ。

・“GoodMorning”で支援募集中

現在、実用化をめざし、ソーシャルグッド専用クラウドファンディングサイト“GoodMorning”で支援を募っているところ。「50人の支援が集まると1人の視覚障がい者にOTON GLASSが届く!」という5000円コースを筆頭に、資金募集中。プロジェクトは、5月3日まで継続される。

OTON GLASS/GoodMorning

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy