体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

差し入れで残業が減る!? 目からウロコな斬新アイデア

差し入れで残業が減る!? 目からウロコな斬新アイデア
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」。2月20日(火)のオンエアでは、会社における「差し入れ」にフォーカス。ゲストに日本残業協会の代表・藤橋遼さんをお招きしました。

■差し入れはコミュニケーションを円滑にする

年度末と決算が重なるこの時期は、残業が続くという会社も多いはず。できれば効率よく残業を片付けて、早く退社したいところ。モチベーションをキープし、仕事を効率的に進めるために、差し入れが有効だと藤橋さんは話します。

その活動として、この時期に行っているのが「差し入れ」なのだとか。

藤橋:差し入れって、気軽にできるのに、すごくモチベーションが上がる行為だと思うんです。世代間や年代間で社員同士のコミュニケーションが難しい場合ってありますよね。適度な距離感を保ちながらコミュニケーションをとる手段として、差し入れを広めていくといいのかなと考えています。

■差し入れは安価なものでOK!

差し入れるのは缶コーヒーなど気軽な物でよいそう。「値段が安い物のほうが差し入れしやすいし、受け取る側も気を遣わない」とのこと。

ここで突然、スタジオに2人組の女の子が登場。「お仕事おつかれさまです!」とサッシャと寺岡に、温かいおしぼりとお菓子の差し入れを届けてくれました。

このお2人は、妄想をかなえるために奮闘する女子高生たちのアニメ作品『妄想はアイである。』に出演する声優の宮?唯さんと夏鈴さん。今回は「差し入れの妄想をかなえる」というテーマで登場、サッシャは大興奮でした。

最後に、残業時間は差し入れによって実際に短くなるのか藤橋さんに伺うと……。

藤橋:差し入れをもらうと、気分が一転することがありますよね。また、先ほども言ったとおり、コミュニケーションが活発化する。すると、コミュニケーションロスによる仕事の増加が防げるので、結果的に残業時間が減るんじゃないかと考えています。

3月4日は“サシ”と呼べるので、「差し入れの日」と決め、記念日協会に認定されているそう。身近な人に、そっと差し入れをしてみては。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。