体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

北朝鮮旅行日本総代理店に聞いた!北朝鮮ってどんな国?【4】ホテル編

北朝鮮旅行日本総代理店に聞いた!北朝鮮ってどんな国?【4】ホテル編
平壌

北朝鮮の出入国方法、現地の主要な観光地、食事とお土産について連載で紹介してきましたが、今回は日本総代理店である中外旅行社に、現地で日本人が滞在するホテルについて教えてもらいました。

平壌で最も格式の高いホテルは高麗ホテル

北朝鮮旅行日本総代理店に聞いた!北朝鮮ってどんな国?【4】ホテル編
(写真はイメージです)

北朝鮮旅行をする場合、宿泊できるホテルはだいたい決まっていて、

・平壌高麗(コリョ)ホテル

・羊角島(ヤンガット)国際(クチェ)ホテル

などが筆頭になると言います。平壌高麗(コリョ)ホテルとは平壌で最も格式の高いホテルで、高さ140m、45階建て、客室数は500室のツインタワーホテルになります。館内には映画館、ショップ、サウナ、プール、レストランがあり、最上階には夜景を一望できるレストランもあるのだとか。

羊角島国際ホテルは48階建て、海外旅行者向けのホテルとしては最も新しく客室数は1,001室。例えば日本の帝国ホテル(東京)は本館が570室、タワーが361室で合計931室ですから、同程度の規模のホテルだと分かります。

北朝鮮旅行日本総代理店に聞いた!北朝鮮ってどんな国?【4】ホテル編
(写真はイメージです)

ちなみに平壌には外国人旅行者の利用できるホテル数がどのくらいあるのか聞いてみたところ、国際ホテルは10カ所以上あるとの話でした。平壌以外の宿泊施設も含めると北朝鮮の代表的な国際ホテルは、

・蒼光山ホテル

・両江ホテル

・枕峰(ペゲボン)ホテル

・馬息嶺(マシンリョン)ホテル

・金剛山(クムガンさん)ホテル

・香山(ヒャンさん)ホテル

・清川ホテル

・外七宝ホテル

・開城民俗旅館(ケソンミンソッリョグアン)

・子男山ホテル

などが挙げられるそう。もちろん高麗や羊角島ホテル以外のホテルも、希望があれば空き状況を確認して、予約が可能なようです。

 

ホテルの部屋タイプは洋室が基本でホテルスタッフへのチップは不要

北朝鮮旅行日本総代理店に聞いた!北朝鮮ってどんな国?【4】ホテル編
ホテルの部屋タイプはどのような形が多いのでしょうか? 外国人が泊まる国際ホテルは基本的に洋室になると言います。また、その手の国際ホテルであれば、フロントでは基本的に英語、中国語が通じるそうです。他にもフロントでは日本円から米ドル、ユーロ、人民元への通貨交換も受け付けてくれます。

気になるチップに関しては、北朝鮮ではホテルのスタッフに渡す必要はないそう。ただ、同行してくれる現地ガイドに対しては必要みたいで、渡す額や通貨などは特に決まっていないそうですが、日本人の場合は日本円でも問題ないみたいですよ。ちなみに信ぴょう性は定かではありませんが、インターネット上では3,000円などの数字がチップの相場として出ているようですね。

北朝鮮旅行日本総代理店に聞いた!北朝鮮ってどんな国?【4】ホテル編
ホテルに関する追加情報として、水道水は飲めません。アメリカ疾病管理予防センターが旅行者にまとめた世界の水道水事情を見ても、北朝鮮は水道水を直接飲まない方がいいとされています。むしろ世界を見渡すと飲める国の方が少数派なのですが、北朝鮮の場合も飲料水はペットボトル入りの水を選びたいですね。

 

以上、北朝鮮のホテルについて紹介しましたが、いかがでしたか? 出入国の方法、名所、食事や買い物、ホテルについて紹介しました。最後の次回は、紹介しきれなかった北朝鮮旅行の豆知識を一挙にQ&A形式でまとめて紹介します。

北朝鮮旅行日本総代理店に聞いた!北朝鮮ってどんな国?【4】ホテル編
※2018年2月21日現在、外務省からは対北朝鮮措置として北朝鮮全土への渡航自粛が呼びかけられています。ご了承ください。

取材協力:中外旅行社

[Health Information for Travelers to North KoreaTraveler View – Centers for Disease Control and Prevention]
[All Photos by shutterstock.com]
北朝鮮旅行日本総代理店に聞いた!北朝鮮ってどんな国?【4】ホテル編

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy