体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HIROMIXとNukemeの2人展 「KAWAII未来」

hiromix_work02

高円寺のFAITHにてHIROMIXとNukemeの2人展「KAWAII未来」が開催中。本展では、HIROMIXによるGIRLY ART PAINTINGと立体作品のほか、Nukemeによる立体作品などを展示。会場での作品の写真撮影も可能となっている。物事の本質を鋭く切り取るアーティストの作品に触れることで、自分の”いま”、そして未来について考える機会を持ってみては。

We will participate a two person exhibition “KAWAII Futuristic” of HIROMIX and Nukeme at FAITH in Koenji this time. In this exhibition, in expression to GIRLY ART PAINTING and SCULPTURE works by HIROMIX, SCULPTURE works by Nukeme are exhibited.You can also take pictures of the work at the gallery.

hiromix_work03 hiromix_work04 hiromix_work

HIROMIXとNukeme 「KAWAII未来」
2月16日 – 26日 14:00-24:00 Closed: Wed
@FAITH(東京都杉並区高円寺南4-2-10 伊澤ビル/4-2-10, Koenjiminami, Suginami-ku, Tokyo, 166-0003, Japan)
Tel: 03-5913-8279
http://faith2016.com/
Opening hour:
Clothing party: 2/26 (everyone is welcome)

hiromix_prof

ヒロミックス
写真家/アーティスト
1976年東京生まれ。1995年のデビュー後、世界中から取材や仕事の依頼が殺到しジャーナリスト達は「ガーリーフォト」「カワイイカルチャー」と名付け、世界で最も新しいアートフォトグラフィーのジャンルである東京ポップカルチャーが流行。この流行により多大な経済的効果を生みカメラ関連の売り上げは最高記録に達した。彼女が記録するのは毎日の暮らしの中、半径五メートルの範囲で遭遇した幸福や憂鬱、陽気で明るく輝く日常やセルフポートレイトを自然に撮影し、その美的感覚と純粋性を高く評価された。十代の少女のアーティストがオートマチックコンパクトカメラで撮影したスナップショットアートは今までに誰も見たことがない表現であり、世界中で話題に。現在も90年代アイコンの象徴として、彼女のスナップショットやセルフポートレイトのスタイルは間接的に現代のSNS世代に影響を与えている。写真の他、ペインティング、インスタレーション、フィルムディレクターなどで活躍。東京を拠点として制作。
受賞歴:
・1995年写真新世紀グランプリ
・1999年ドイツコダックフォトプライズ
・2001年木村伊兵衛賞

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。