体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アマゾンのジェフ・ベゾスの高さ152メートル「1万年時計」、いよいよ設置始まる

Amazon創業者のジェフ・ベゾス氏が4200万ドル(約45億円)もの私財を投じて推進する「1万年時計」の設置がいよいよ始まった。

ベゾス氏が「Long-term thinking(長期的思考)のシンボル」という、高さ500フィート(約152メートル)もの巨大時計だ。

・節目にメロディ

設置場所は米国テキサス州の山岳地帯。その名の通り1万年動くことを目的にしているメカニカル時計で、1年、1世紀、1000年紀という単位で、オルゴールのメロディが奏でられるのだという。

巨大さもさることながら、昼夜のサーマルサイクルが動源となるという、スマートウォッチなどとは別の種のテクノロジーを活用している。

・一般公開も予定

ベゾス氏が自身のツイッターで公開したタイムラプス動画では、大小さまざまなパーツが組み立てられている様子が紹介されていて、そのスケールの大きさが見て取れる。

この1万年時計、元々は思想家スチュワート・ブランドの構想。ベゾス氏は長期的な視点に立つという考えに共鳴していて、これこそが彼の成功を支えてきている。

設置が終了すると、時計は一般にも公開されるとのこと。場所は最も近い空港からでも車で数時間というところらしいが、壮大と形容するにふさわしいこの時計、一目見てみたいという人は結構いそうだ。

Jeff Bezos/Twitter

 

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。