体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

X JAPANのToshlがどんどん芸人化している件

X JAPANのToshlがどんどん芸人化している件

最近、X JAPANのToshlさんをバラエティ番組でよく見かけるようになりました。ゴリゴリのハードロックビジュアル系バンドのボーカリストでありながら、スイーツ好きという意外な一面があり、スイーツを食べて笑顔を見せる姿が微笑ましい。くず餅を食べるのが好きすぎて事務所から「くず餅禁止令」を出されたこともあるほどです。

 

単純に見ると、長髪で、サングラスで、ロックテイストの服を着ている年齢不詳の男性が、喜々としてスイーツを作ったり、食べたりしているのが単純に面白いわけです。まさにビジュアルショックです。

 

それにしても、年末年始のバラエティ特番に出演したYoshikiさんが話題になって、次はToshlさんが出てきているということで、X JAPANの皆さんのバラエティ対応力は半端ではありません。

 

私はX JAPANはもともと好きで、ライブにも行っているぐらいなんですけど、彼らの何がいいって、音楽とかパフォーマンスもさることながら、本人たちの憎めないキャラクターが面白い、っていうところはあるんですよね。

 

そもそもX JAPANがバラエティ番組に出始めたのは、往年の伝説的バラエティ番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』からだと思います。当時は、奇抜な衣装で派手なパフォーマンスをする彼らが「ヘビメタ」としてキワモノ扱いをされていて、大勢で集まって運動会をやったりとか、ハチャメチャで面白かったんですよね。

 

バラエティタレントとして彼らが優れているのは、何と言っても「何でもイジらせてくれる」というところだと思います。Yoshikiさんは、Toshlさんの洗脳騒動のこともトーク番組で振り返って、「洗脳星から戻ってきた」などと語っていたりします。自分たちの身に降りかかった悲劇を喜劇にする力がある。そこがすごい。

 

「Xポーズ」とか「Xジャンプ」という決めポーズもあるし、「紅だー!」という名フレーズもある。そういうところも含めて、X JAPANの皆さんはやっぱり最高の「芸人」だなあと思います。

オモプラッタの記事一覧をみる
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。