体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全力で部屋から逃走!憧れのベビーリトミック…参加を諦めました

f:id:akasuguope01:20171219155108j:plain

私は双子が6ヶ月の頃から子育て支援施設、児童館へ行っていました。それらの施設は月1くらいでベビーリトミックが開催されています。

私も夫も小さい頃からピアノを習っていて音楽が大好き!なのできっと子供も音楽好きに違いないと信じて疑わなかった私は、子供も喜ぶだろうと双子が7ヶ月の時初めてのベビーリトミックに意気揚々と参加したのです。

ベビーリトミックはピアノを弾く先生が一人、一緒にうたって体を動かしてくれる先生が一人と計2人でみてくれました。うたってくれる先生が、双子を同時に抱っこしてリトミックをするのは大変だろうから、一人は私が抱っこするねといってくれたので、ありがたく一人をお任せしました。

私はニコニコしてキャッキャと喜ぶ双子の姿を想像していました。ですが、実際にピアノが始まって、みんなで赤ちゃんを抱っこしてリズムに合わせて歩きだすと二人共「うぎゃーーー!」と泣いて、私と先生の腕の中で体をよじりまくり。

え?全力で拒否!?かなり驚きました。そしてピアノの音が止むと泣くのをやめます。その後も双子の大泣きでの拒否をスルーして参加していたのですが、あまりにも嫌がるので、心が折れて途中退出しました。

ピアノの音がなると泣くのでどうやらピアノの音がいやみたいです。この時はこれはまだ小さいから音を怖がっているのかな、子供がもう少し成長すれば、リトミックも楽しんでくれるだろうと思っていました。 関連記事:ベビーリトミックに行ってみた!ママと赤ちゃんが音に合わせて楽しくスキンシップ

次にベビーリトミックをやったのは、1歳半のときです。1歳代になったので、今度は抱っこではなく自分自身で歩いてフラフープやボールを音楽に合わせて使うという高度なプログラムになっています。

久々のリトミックに対して、双子がどんな反応を示すのか心配な私は、あらかじめ先生に「うちの子ら、リトミックだめかもしれないです…」と弱音をはきつつ参加しました。すると案の定始まったとたん、走ってドアをあけて逃げ去っていきました…。終了…。

同じ月齢くらいの子も楽しそうに参加しているのになんでうちの子はダメなんだろう……と周りと比べてしまっている自分がいました。

先生に「なんで嫌がるんでしょうか?」と聞いてみると先生は「いつも活発な双子ちゃんだから、みんなと一緒にやるより自分で自由に動きたいんだと思いますよ。あと小さいとピアノの音がうるさいと感じる子も多いです」とおっしゃっていました。

確かにそうだと思いました。リトミックに限らず、うちの双子はみんなと歌を歌わない、聞かない、みんなと一緒に踊ったりもしないと、1歳児クラス最大の問題児だったからです。

また、当時はTVをあまりつけない生活をしていたからか、少しTVがついていただけでも耳を塞いでうるさいよーと不満げな様子をしていました。小さい頃から音楽に親しませたいと思いましたが、本人たちがいやなら無理にやらせる必要はありません。その後は一切リトミックをやるのを諦めました。 関連記事:リトミック教室では泣いてばかりの息子。思い切って教室を辞めたらうまくいった!

その後3歳で入園した幼稚園にリトミックの時間があったのですが、双子がリトミックに参加できたのは入園した半年後、3歳半過ぎになってやっとです。やってみたら楽しかったようで、その日にやった歌をうたって教えてくれたりします。

あの部屋から走り去った1歳半から2年。やっとリトミックができるようになったのか…と感慨深く思った母でした。

f:id:akasuguope01:20171215104939j:plain

著者:シオモミ

年齢:37歳

子どもの年齢:3歳の双子

夫の転勤を機に出版社を退職、引っ越したが即双子を妊娠し、一卵性双子男児の育児にあたふた。それも幼稚園に入り、少し余裕ができました。好きなものはマンガ、映画、本、アニメ、お酒。この一杯のために生きている系で、双子はいきつけの酒屋さんにすごくかわいがってもらっています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

ベビーリトミックに行ってみた!ママと赤ちゃんが音に合わせて楽しくスキンシップ
1歳10ヶ月から約2年間英語教室に通わせたけど…はい、全く身についておりません!
赤ちゃんのうちから英語に触れさせたい。思い切って英語教材を購入!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy