体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【プロ監修】長寿のお祝いマナー|60・70歳から100歳まで

【プロ監修】長寿のお祝いマナー|60・70歳から100歳まで

60歳の還暦や70歳の古稀、喜寿、傘寿などなど、長寿をお祝いする節目は、たくさんありますが、全部ご存知ですか? 長寿祝いの種類と由来やマナー、お祝いの仕方やお祝いの品について知っておくと何かと役立ちますよ。

長寿をお祝いする節目と年齢

© PIXTA

長寿を祝う節目には、「還暦」や「古希」「喜寿」などの呼び方があります。
人生で最初の長寿祝いとなる「還暦」のお祝いは、赤いちゃんちゃんこや赤いずきん、赤い座布団など「赤いもの」にちなんだお祝いをするイメージを持つ方が多いはず。実はほかの70歳や80歳などの節目にも長寿祝いがあるのをご存知でしょうか?
ここでは、それぞれの節目にどんな意味があり、どんな祝い方をするのかをご紹介します。

 

【還暦(かんれき)=満60歳(61歳)※( )内は数え年】イメージカラー:赤
生まれた年から60年周期の干支(十干十二支)に一巡して「暦が還る」ことから、「還暦」と呼ばれています。
「赤ちゃんに戻って生まれ直す」という意味として、魔除けとされる赤い色のちゃんちゃんこを着る風習があり、「赤」が還暦祝いの色とされています。
そういったことから、一般的に「赤いもの」をプレゼントすることが多いようです。
お祝いの表書きなどは、「祝還暦」 「寿福」「長寿御祝」(四文字を気になさる場合は、「長寿御祝い」)などとします。

 

【古希/古稀(こき)=満69歳(70歳)】イメージカラー:紫

中国唐時代の詩人、杜甫が書いた詩の「人生七十古来稀なり」という一節が由来とされています。
現代では還暦を迎える60歳よりも古希からが本当の長寿祝いとされている傾向にありますが、40〜50歳代が寿命とされていた昔は、70歳まで長生きすることは本当に稀なことだったのです。
紫色は、古代では皇族やそれに属する者にしか使用を許されなかった高位を表す色であることから、尊敬の意味を込め、「紫」が古希祝いの色とされています。
お祝いの表書きなどは、「祝古希」「寿福」「長寿御祝」(四文字を気になさる場合は、「長寿御祝い」)などとします。

 

【喜寿(きじゅ)=満76歳(77歳)】イメージカラー:紫
「喜」の字が「七」「十」「七」が組み合わさっているように見え、また、草書体で「㐂」のように書くことから、77歳まで長生きしたことを祝福し、「喜寿」と呼ぶようになったといわれています。
「喜の字の祝い」とも呼ばれ、古希と同じく尊敬の意味を込めた「紫」が長寿祝いの色とされています。
お祝いの表書きなどは、「祝喜寿」「寿福」「長寿御祝」(四文字を気になさる場合は、「長寿御祝い」)などとします。

 

【傘寿(さんじゅ)=満79歳(80歳)】イメージカラー:紫
「傘」の字を略字で書くと、「八」と「十」を重ねた形になることや、「八」の字と傘が広がる様子が末広がりで縁起が良いということなどから「傘寿」といわれる由来になったようです。また、「八十寿(やそじゅ)」ともいわれています。
「古稀」「喜寿」とともに、敬愛と尊敬を表す「紫」が長寿祝いの色とされています。
お祝いの表書きなどは、「祝傘寿」「寿福」「長寿御祝」(四文字を気になさる場合は、「長寿御祝い」)などとします。

 

【米寿(べいじゅ)=満87歳(88歳)】イメージカラー:金・金茶・黄
「米」の字をくずして分解すると「八」「十」「八」となることに由来しているといわれています。
「米(よね)の祝い」と呼ばれることもあり、お米にまつわるものや、お米を贈る習慣のある地方もあるようです。
「米寿」のお祝いでは「米」にちなんで、稲穂の色に見立てた「金色」「金茶色」「黄色」が長寿祝いの色とされています。
お祝いの表書きなどは、「祝米寿」「寿福」「長寿御祝」(四文字を気になさる場合は、「長寿御祝い」)などとします。

 

【卒寿(そつじゅ)=満89歳(90歳)】イメージカラー:紫・深紫・白
「卒」の略字「卆」が「九十」と読めることに由来しています。
「卒寿」は「米寿」の2年後ですが、ご本人のご体調やご意向をうかがった上で、90歳という節目を、ご家族や知人の皆さんとお祝いをされると、喜ばれると思います。
「紫」や「深紫(しんし)」、または「白」が長寿祝いの色とされています。
お祝いの表書きなどは、「祝卒寿」「寿福」「長寿御祝」(四文字を気になさる場合は、「長寿御祝い」)などとします。

 

【白寿(はくじゅ)=満98歳(99歳)】イメージカラー:白
100歳のひとつ手前の99歳を表し、「百」の字から「一」を取ると「白」の字になることに由来しているといわれています。
「白」は、清潔で神聖なイメージがあるため、敬意を表す意味合いから文字どおり「白」が長寿祝いの色とされています。
お祝いの表書きなどは、「祝白寿」「寿福」「長寿御祝」(四文字を気になさる場合は、「長寿御祝い」)などとします。

 

【百寿(ひゃくじゅ・ももじゅ)=満99歳(100歳)】イメージカラー:特になし
文字どおり100歳のお祝いを表します。また、100年は「一世紀」なので「紀寿(きじゅ)」とも呼ばれています。
また、「百賀(ひゃくが・ももが)」ともいわれ、100歳以降は、101歳を「百一賀」、102歳を「百二賀」と「一賀」ずつ足して、100歳を超えたら毎年お祝いの気持ちを表します。
「百寿」からは、長寿祝いの色がしきたりとして定められていませんが、「白」や「金」でお祝いする方が多いようです。また、「ももじゅ」の読みにちなんで「桃色」や「桜色」などピンク系の色で明るくお祝いをされる方も増えているようです。
お祝いの表書きなどは、「祝百寿」「祝百賀」「祝紀寿」「寿福」「長寿御祝」(四文字を気になさる場合は、「長寿御祝い」)などとします。

 

【茶寿(ちゃじゅ)=満107歳(108歳)】イメージカラー:特になし
「茶」の字を分解して、草冠を「十」と「十」で20とし、下のつくりは「八」「十」「八」で88として、20+88=108で、「茶寿」としています。
お祝いの色は決まっていませんが、「茶」にちなんで、お茶や名入れの湯のみなどの茶器をプレゼントする方が多いようです。

 

【皇寿(こうじゅ)=満110歳(111歳)】イメージカラー:特になし
「皇」の字は、「白」と「王」の字から成り立っています。「白」は「百」から「一」を引いた数で99とし、「王」を分解すると「十」と「二」なので、99+12=111で、「皇寿」としています。
また、111が「川」の字に似ていることから「川寿(せんじゅ)」、尊敬の意を表す意味を込めて「王寿(おうじゅ)」などとも呼ばれています。

1 2 3次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。