体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高速道路の料金は万が一の時は「後払い」できる

高速道路の料金は万が一の時は「後払い」できる

高速道路の料金所を通過するときに、ふとETCカードの引き落としをしているクレジットカードが利用停止だったら…と心配になったことがあるはず。じつは、ETCカードはクレジットカードが利用限度額オーバーでも利用できます。さらに、高速道路の料金は万が一のときは後払いできるのでした。

高速道路の料金は後払いできる

高速道路に乗ってはみたものの、クレジットカードもETCカードも持っていないことに気づいて、料金所で現金不足に大慌て…想像するだけで怖くなります。この時、私たちは高速道路から出られないのでしょうか?

実は心配いりません。高速道路の料金所で手持ちのお金が不足していた場合、料金所脇にある事務室で住所・氏名の確認など所定の手続きを行えば、高速道路の料金を後払いできるのです。

10日以内に最寄りの料金所に持参するか、当該料金所に現金書留で送りましょう。自動車ナンバーや免許証などで個人情報が確認できるためか、万が一の場合、高速道路の料金は後払いできるのです。

高速道路でクレカはサイン不要

また、延滞や利用限度額オーバーでクレジットカードが利用停止になっていてもETCカードは利用できてしまいます。店舗などのクレジットカードとは違って、有効期限のチェックしか行っていないからです。

このため、クレジット会社発行のETCカードは、限度額超えで利用停止になっていてもゲートは通過できてしまう可能性が高いということ。まずは料金所を通過する安全性を重視しているのでしょう。

このほか、高速料金の支払いについて意外と知られていないのが、クレジットカードで払う場合はサイン不要ということ。また、「ETC/一般」レーンを間違って未払いで通過したら、後日、申し出て支払いを行えばOKです。

関連記事リンク(外部サイト)

高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。