体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アメリカの家電展示会で、旋風を巻き起こした「単三電池」。

アメリカの家電展示会で、旋風を巻き起こした「単三電池」。

先月、ラスベガスで開催されたCES 2018。その大規模な家電展示会のスマートホーム部門で、イノベーションアワードを受賞した1つが、単三電池「Coat Foever Battery」。

どうやら、少し変わった方法でワイヤレス充電ができるそうです。

空気中から
エネルギーをキャッチ?

アメリカの家電展示会で、旋風を巻き起こした「単三電池」。

単三電池よりも先に、その開発を手がけたOssia社の「Cota」というテクノロジーの説明から。

「Cota」は、トランスミッターから半径約10m(30フィート)以内にある、Cota Power Receiverを搭載しているデバイスをワイヤレス充電できるそうです。ちなみに、Wi-Fiと同じ2.4Ghz帯域の電波を使っているのだとか。だから、充電をする際に、チャージングパッドやコードを使う必要がなくなるということ。

そして、この「Cota Power Receiver」を搭載したのが、上記の単三電池です。つまり、一度リモコンなどに入れてしまえば、故障がない限り充電切れの心配もなく、買い換える手間も省けます

だからこそ、CES 2018でも高く評価されたようです。早く、スマホやパソコンにも応用してほしいな〜。Licensed material used with permission by Ossia

関連記事リンク(外部サイト)

「置く」という動作さえ不要になる、近未来のワイヤレス充電器。
ポケットに入れるだけでスマホを充電してくれる「バックパック」。
少なく見積もっても「1台5役」のスマートテーブル。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。