体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

交通違反の取締りでサインしないと何がおこる?

交通違反の取締りでサインしないと何がおこる?

交通違反で取り締まられた人は不服に思っていることが多く、中にはサインをせずに何時間も粘る人もいるとか。とはいえ、警察官にとっては違反者は違反者。パトカー内でサインの強要をされた話を耳にしたこともあるでしょう。交通違反の取締りでサインしないと何がおこるかを見てきます。

交通違反が青キップが赤キップか

交通違反の取り締まりで不服がある場合、警察から「サインしないと裁判で面倒なことになるよ」といわれた時にはどうすればよいのでしょう。サイン拒否した後の流れは、交通違反が青キップか赤キップかで違ってきます。

交通違反のうち軽いものを「反則行為」と呼び、通告に従い一定期間中に納付書に書かれた所定の金額(反則金)を納付すれば手続きは終了。この納付書と一緒に渡される「交通反則告知書」が青キップです。

一方、反則行為に収まらない違反点数6点以上の重い交通違反を「非反則行為」と呼びます。その時に渡される用紙が赤キップです。赤キップの正式名称は「交通切符告知票」といいます。

交通違反は不起訴の可能性もある

まず否認すれば不起訴率が高いといわれる青キップの交通違反。キップに署名をすると当然、違反を認めたことになり、反則金の仮納付書を渡されます。取り締まりに不服なら署名を拒否することは可能です。その後は交通裁判所にて潔白を主張して行くことになります。

そして、赤キップの交通違反も不服ならサインを拒否することは可能。後日、検察庁へ出頭要請が来るので出頭します。ここで略式裁判に応じるようにいわれても、正式裁判に持ち込む意志を伝えると帰され、後日の呼び出しを示唆されるようです。その後、半年以上出頭要請が来なければ不起訴の可能性もあります。

いずれにしても、違反キップにサインすることは交通違反を認めたことになるもの。取り締まりに不服があるなら拒否してもよいのです。もちろん、交通違反をした認識がある場合は素直に取り締まりに従いましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。