体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【大人が出逢う、東京古着】高円寺・MECHA発、古着の奥行きを体感する旅へ

この連載の取材でオーナーさんたちに好きな古着屋さんを聞くと、度々その名が挙がっていたのが、このお店だった。
高円寺南口より徒歩3分のビルの2F。高円寺・MECHA。
同業者からはもちろん、ファッションに精通した大人たちに愛される、ふたつとないお店だ。

色とりどりのタッセルの暖簾をくぐった先に待ち構えているのは、左右上下に広がる唯一無二の世界。古着のカオスだ!!!!!
店内に足を踏み入れてすぐに伝わってくるのは、自由と遊び心。
ああ、古着ってなんて奥行きがあるんだろう!

“君の好きだと思うものが、一番最高”。
ファッションにルールなんかないよ、といった心強いメッセージを端々に感じる店内のムードに胸が高鳴る。
天井から足元に至るまで、所狭しと並べられたジャンルレスな洋服たちやユニークな小物。思わず足を止めてしまう瞬間が何度もあった。

雑多で自由で、人に優しい高円寺。
ひとたび惹かれると、もう決して離れられない魅惑のこの街にMECHAがあるということが、なんだかとてもしっくりくる。
しかしながらもう一つ驚きなのが、そのルーツ。実は大阪発だという事実だった。オーナーさんは、大阪の古着好きに絶大なる人気と信頼を誇る名店「CHAPPIE」を営む傍ら、2013年東へ進出!
元々好きな街だったというここ高円寺にてMECHAをオープンさせたというのだ。ちなみにMECHAの名は店長の飼い猫に由来しているのだとか。
平日は22時まで。仕事の帰り道に立ち寄れるのも嬉しい!

「ここは、一言で言うと、“面白い古着”に出逢える店。僕は元々ここが大好きでオープン当初から通っていた常連だったんです」
そう語ってくれたのは、スタッフの奥原一星さんだ。
多い時は週3〜4、MECHAに通っていたという奥原さんは1年ほど前からスタッフになったのだという。

「いい服はあっても、いい面白い服、変な服ってあんまり出会えないなあって。今のこの世では日常着じゃない服を、あえて今、普段に着ちゃう。そういうのも好きなんですよね。古着ならではの楽しみ方って感じがして…」
中学からずっと古着が好きだという奥原さん。
決して口数が多いわけじゃないけれど、お店の成り立ちと自分と古着の関係を丁寧に話してくれた。

どこかの民族を彷彿させる切り替えが特徴的なスカートに、一癖も二癖もあるワンピース、ちょっと他では出逢えなさそうなアバンギャルドな柄シャツ、時に柔らかく時に強い自分を演出してくれる個性豊かなアクセサリ…。
確かに見渡してみると、ここは“予想以上のもの”で埋め尽くされているのだった。

1 2 3次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy