体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

金澤寿和が監修する『Light Mellow』シリーズの初LIVE公演が決定

コンピCD企画や名盤リイシューの監修選曲を多数手がけ、音楽ファンの人気と支持を得ているシティポップ・ブームの仕掛け人、 金澤寿和が監修する『Light Mellow』シリーズの初LIVE公演が決定した。テレビ番組で大貫妙子や山下達郎など80’sシティポップのアナログを探しに来たアメリカ人が取り上げられ話題になるなど、日本のシティポップが世界的に大きな注目を集める中、音楽ファン待望の公演となる。
『Light Mellow』ロゴ (okmusic UP's)

6月16日(土) に開催される第一弾では、伊藤銀次、杉真理、サーカス、庄野真代、SPARKING☆CHERRYの5組によるLight Mellowサウンドの競演が実現。チケット一般発売は2月24日(土)より開始となる。『Light Mellow』に関して、企画監修の金澤寿和、出演の庄野真代からのコメントも到着した。
【コメント】

■金澤寿和

「今また人気復活を遂げているシティ・ポップス。70~80年代に誕生したそのサウンドを、決して懐メロではなく、世代を超えて楽しめる現在進行形のポップ・ミュージックとして育くみ、都市生活者のサウンドトラックとして次世代へ継承していく。そんな思いを発信していくのが、この『LIVE Light Mellow』です。音楽産業の危機的状況、将来が見えないことを嘆く前に、シーンの良き時代を知り抜いた者たちが、何を伝えていけるか。難しいことは要りません。自らの経験を、ただ語り継いでいけばイイのです。そんな気持ち、音楽から授かった「熱」を、思い出させてくれるイベントにしたいと思っています」

■庄野真代

「耳に心地よく、メロディとサウンドに一体感があり、ちょっとワクワクする音楽。誰にでもある、優しい気持ちをLight Mellowが引き出してくれる。そういう一面が今でも私のなかにあるような気がする。そんな部分を呼び覚ましてくれます。時間の流れを忘れるような、絵本をめくるような、色鮮やかなシーンを作りたいです」
『LIVE Light Mellow Vol.1』
6月16日(土) 全労済ホール/スペースゼロ

出演:伊藤銀次/杉真理/サーカス/庄野真代

演奏:SPARKING☆CHERRY

<チケット>

全席指定¥6,000(税込) ※未就学児童入場不可

一般発売:2月24日(土)
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。