体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京からパリやNYへひとっ飛び! VRで海外旅行が疑似体験できる「First Airline」

「どこか海外に旅行したい」と思っても、実際はなかなか休みがとれなかったり、狭い座席での長時間移動を思うと腰が引けたり。

そんなあなたにぴったりの“海外旅行”サービスを紹介しよう。バーチャルリアリティ(VR)で、東京にいながら空の旅と海外を楽しめる「First Airline」だ。

・路線別のメニューを提供

First Airlineは、池袋のオフィスビル内にある。航空機内を模した空間に、実際にAirbusファーストクラスで使われていた座席が並ぶ。そこに座って最先端のVRヘッドセットやモニターで海外旅行を疑似体験できるのだ。

飛行機が離陸するときは、映像や音で臨場感を演出。また、独自メニューの“機内食”やドリンクも提供される。メニューは路線別に一流シェフが考案しているのだという。

加えて、目的地からの中継動画の案内もあり、海外旅行気分がぐんと高まりそうだ。

・110分の海外旅行

行き先はパリ、ローマ、ニューヨーク、ハワイの4都市で、旅行時間はいずれも約110分。

料金はというと、現在キャンペーンを展開していて、ファーストクラスが5980円、ビジネスクラスは4980円となっている。旅を体験できる上に食事やドリンクも含まれることを思えば、リーズナブルな設定かもしれない。

フライトは完全予約制。ウェブサイトから予約や混み具合のチェックもできる。

First Airline

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。