体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

可視化して競争心をあおる役割分担ボードを、幼稚園児に試してみた結果…失敗!? by うだひろえ

可視化して競争心をあおる役割分担ボードを、幼稚園児に試してみた結果…失敗!? by うだひろえ f:id:akasuguedi:20180219100142p:plain

以前の記事で、「現在、分担ボード・子どもたち入りを作ってます☆」てなことを書かせてもらったのですが。

すみません、失敗に終わりました……!

夫婦の役割分担で効果的だった「リスト化×可視化×分類×攻略性」ですが、これ、幼稚園児兄妹には、ケンカの元にしかならなかったです。

いやあ、まさか、ロールカーテンの開け閉めがあんなに人気で、取り合いのケンカになるとは……。(他にも、野菜を子ども包丁で切る、味噌汁やご飯をよそうなどが人気、洗濯物たたみは不人気)

手っ取り早く動かすために「誰が早くできるでしょうか!?」なんて競争をけしかけたりしてたんですけど、まあ大抵下の子が負けそうになって上の子を引っ張ったりつかんだりでダブル号泣、「うん、まあ、そうですよね……」と反省。 関連記事:わたし、想像以上に、しんどい。 これで伝わる!妻から夫への『大変さ』の伝え方 by うだひろえ

どうしたものかと考えて、とりあえず私が把握してみることにしました。

子どもたちにやってほしいことは、【自分のこと】と【お手伝い】に分かれます。

優先度は、【自分のこと】をまずできるようになってほしい。【お手伝い】はその次だと考えました。

それぞれ朝と夜に項目があり、生活習慣の流れから、順番をつけることができます。

すると、「やってほしいことタイムスケジュール」ができました。

で、これを、分担ボードのように表示すると……攻略性が出てしまって、またケンカになりそうだったので。

今は、司令塔である私の脳内だけで、把握することにしました。

そして、私が地道に、声かけしていくことに。

「できた数」が可視化されてケンカになるのなら、可視化されなくていいかな、という気持ちです。

ただ、私に指示を出されることが当たり前になられてもアレなので、「帰ったらまず何するんだっけ~?」なんて言い方も工夫しないといけないですけど。

で、地道に、できたことは褒めていくしかないのかな、と。

加えて、お手伝いしてくれたことに対しては、「感謝」を込めた言葉にして。

うちの子たち、どうやら、「自分でできた」ことを褒められるよりも、「お手伝い」したことを褒められる方が、嬉しそうです。

私が「ありがとう助かるよ~」と言うと、鼻の穴を広げてムフムフ笑います。

【自分のこと】のあとに【お手伝い】をするステップアップ感があるのもいいところかも。

ボードに書いて勝手にやってくれたら楽かなと思いましたが、まあなかなかそううまくいかず。

結果としてこれが、今一番スムーズな方法かな、と、落ち着きました。

こうしていくことで、子どもたち自身が楽しんで【自分のこと】も【お手伝い】もやってくれたら、それが一番お互い楽になる近道なんじゃないかな、なんて思いつつ。 前回エピソード:怒りと上手につきあえれば、笑顔の時間を増やすことができる。私の“6秒ルール” by うだひろえ

f:id:akasuguope02:20150819072853p:plain

著者:うだひろえ

年齢:アラフォー

子どもの年齢:年長、年少

マンガ家/イラストレーター。愛知県生まれ。2008年『夢追い夫婦』(KADOKAWA)でコミックエッセイデビュー。『誰も教えてくれないお金の話』(サンクチュアリ出版/監修:泉正人)が30万部を超えるベストセラーに。年長男児&年少女児の子育てに奔走する生活を、ツイッターやブログで垂れ流し中。

website:http://umeyon.net

最新刊:「家事も、育児も、お金も、紙に書くだけでお悩みスッキリ!とにかく書き出し解決術!」(KADOKAWA)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

この作者の過去記事

うだひろえ

うだひろえさんの

過去記事はこちら

過去の記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

遊びたい!皆と同じものが食べたい!可愛い盛りの9ヶ月の赤ちゃん
行動範囲が広がる1歳3ヶ月。危険なものは全て隠したと思ったのに、まさか!
「上の子はようさん泣いてたのに、下の子は」下の階に住んでるおじいちゃんの言葉に…。byやまもとりえ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy