体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

JAM Project「ランティス、ありがとう!」 全国ツアーファイナル日本武道館も大盛況

JAM Project「ランティス、ありがとう!」 全国ツアーファイナル日本武道館も大盛況

 影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹の5人のメンバーで現在活動中の、アニソン界のスーパーユニット JAM Projectが、昨年11月よりスタートさせた全国ツアー【JAM Project JAPAN TOUR 2017-2018 TOKYO DIVE】のファイナルとなる日本武道館公演を、2月17日に開催した。

 今ツアーは、10月20日にリリースとなった約1年ぶり、5枚目のオリジナルアルバム『TOKYO DIVE』を引っ提げての国内11公演を開催。この後さらに、アジア複数都市を巡るアジアツアーを控えている。アルバム『TOKYO DIVE』を中心とした楽曲で構成された本公演は、アルバムのイントロダクションとなっている楽曲「Spinning Out Of Control」からスタート。バンドメンバーに続いて、5 人のメンバーがステージに現れ、アルバムリード曲、そして、ライブツアータイトルともなっている「TOKYO DIVE」のイントロが鳴ると、メンバー5人の衣装が、それぞれのカラーに発色し、客席のテンションは一気に上昇。メンバーの動きとステージバックのLED映像の演出に合わせて、カラフルに変色していき、ミュージックビデオでの東京の夜景やスタイリッシュかつエレクトリックな演出をメンバー自身も一体となってステージで表現し、オーディエンスを魅了した。

 アルバム楽曲から「EMG」「神ノ牙~The Fang of Apocalypse~」などの新しいタイアップ楽曲なども次々に披露。メンバーのあいだでは「メモリアルコーナー」と呼ばれている少し懐かしくも感じるJAM Projectの既存の楽曲を、奥井雅美ソロ、遠藤・きただにのペア、そして影山・福山のペアは、二人揃ってアコギを演奏しながら歌唱し、メンバーそれぞれの歌声を存分に聴かせていく。また、前ツアーでも好評だったアコースティックコーナーでは、バンドメンバーは一度ステージから下り、5人のメンバーの楽器演奏アレンジのみのステージを披露。アルバムからの新曲「I KILL-イキル-」では、歌詞の強いメッセージがより一層心に響くパフォーマンスとなった。「Growing Up」では、一転して、コール&レスポンスなども盛り込まれ、客席と一緒に楽しむメンバーの姿が見られた。

 さらにこのファイナル公演では、4月25日にリリースが決定しているニューシングル曲「鋼のWarriors」がライブ初披露となった。この楽曲は、PS4R/PS Vita 用ソフト『スーパーロボット大戦X』のオープニング主題歌となっており、いち早く、ライブでの生披露に客席からは大歓声があがった。

 ここまでのステージングでも、LED映像では楽曲の世界観に飲み込まれるほどの、時に迫力があり、時に神秘的な映像演出があり、JAM Projectの圧倒的なライブパフォーマンスをさらに印象づけていたが、「剛腕パンチ」「THE EXCEEDER」と、たたみかけるように熱い楽曲が続き、「Shinning Storm~烈火の如く~」「Crest of “Z’s”」「THE HERO!!~怒れる拳に火をつける~」では、LED映像の演出だけでなく、ステージ前方のファイヤーフレームやジェットスモーク、レーザー等をふんだんに取り入れた演出と、熱い楽曲に、会場のボルテージは最高潮となった。

 アンコールでは、メンバーの美しいハーモニーから始まる「HERO」で、会場全体が温かいムードに包まれ、2008年に初めてJAM Projectとしてワールドツアーに挑戦したこと、そして、10年経った今年 2018年にまた、アジアツアーに出る報告や、すでに発表されている台湾・韓国での公演に加え、広州での公演が決定したことなどを語る。アンコールのラストスパートは、ライブでは必須ともいえる楽曲たちが、JAM Project設立から長年担当してきている『スーパーロボット大戦』シリーズの代表的な楽曲のメドレーとして、立て続けに披露し、大盛り上がりとなった。

 最後に、ツアーを支えたスタッフや、各公演、そしてこの日武道館に集まったファンにも感謝の言葉を述べ、さらに、影山ヒロノブ・遠藤正明が、第一弾のアーティストとして活動しつづけたレーベルである、ランティスが、4月から、会社の統合により社名が変わることが(レーベル名としては存続する)ニュースとして数日前に発表されたことに触れつつ、「18年間、ランティス、ありがとう!」と影山ヒロノブが叫ぶと、客席から拍手が沸き上がった。レジェンド級のボーカリスト達が集う JAM Projectは、さらに勢いを増したパフォーマンスを、この後もアジアの都市で展開していく。

◎セットリスト
【JAM Project JAPAN TOUR 2017-2018 TOKYO DIVE】ファイナル
2月17日(土)日本武道館公演
OP: Sprinning Out of Control
01.TOKYO DIVE
02.EMG
03.BAD CITY~We’ll be alright!~
04.神ノ牙~The Fang of Apocalypse~
05.勝利の未来‐とき‐
06.迷宮のプリズナー
07.Divine Love
08.疾風になれ
09.星空のレクイエム
10.アレクサンドリア
11.Believe in my existence
12.I KILL-イキル-
13.Growing up
14.シュワッチ!~キミを護りたい~
15.Everything
16.鋼の Warriors
17.豪腕パンチ
18.THE EXCEEDER
19.The Brave
20.東京スキャンダル
21.Shining Storm~烈火の如く~
22.Crest of “Z’s”
23.THE HERO !!~怒れる拳に火をつけろ~
EN1.HERO
EN2.Rocks~VICTORY~GONG~SKILL

◎リリース情報
シングル『鋼のWarriors』
2018/4/25 RELEASE
<CD> LACM-14740 1,200円(tax out.)
※2018年4月1日より、(株)ランティス、バンダイビジュアル(株)は、(株)バンダイナムコアーツに社名変更となります。
http://jamjamsite.com/

関連記事リンク(外部サイト)

JAM Project 日本武道館ライブ決定
JAM Project、中川翔子ら『勇者ヨシヒコ』感謝祭に出演決定
JAM Project ニューアルバム『TOKYO DIVE』&ツアー発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。