体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スフィアン・スティーヴンス、「ミステリー・オブ・ラヴ」収録の10インチアナログ盤をレコード・ストア・デイにリリース

スフィアン・スティーヴンス、「ミステリー・オブ・ラヴ」収録の10インチアナログ盤をレコード・ストア・デイにリリース

 スフィアン・スティーヴンスが映画『君の名前で僕を呼んで』(原題:Call Me By Your Name)のために書き下ろした【アカデミー賞】ノミネート曲「ミステリー・オブ・ラヴ」を含む3曲が、【レコード・ストア・デイ 2018】に半透明10インチアナログ盤としてリリースされる。

 「ミステリー・オブ・ラヴ」のアナログ盤はナンバー入りで1万枚限定で、今年は4月21日に世界同時開催される【レコード・ストア・デイ 2018】参加店で発売される。A面は「ミステリー・オブ・ラヴ」、B面は「ヴィジョンズ・オブ・ギデオン」と「フューティル・デヴァイセズ (Doveman Remix)」が収録される。これらの楽曲は全て2017年11月3日にリリースされた『君の名前で僕を呼んで』のサウンドトラックにも収録されている(国内盤は2018年3月21日発売予定)。
 
 「ミステリー・オブ・ラヴ」のアナログ盤は、大好評の『君の名前で僕を呼んで』のアナログ盤を発売したアナログ・オンリーのスペシャリティー・レーベル、<ミュージック・オン・ヴァイナル>がリリースする。

 「ミステリー・オブ・ラヴ」と「ヴィジョンズ・オブ・ギデオン」は映画のための書き下ろしで、2010年の「フューティル・デヴァイセズ」は映画用にリミックスが発注された。「ミステリー・オブ・ラヴ」は2018年2月初めに米ビルボード・ホット・ロック・ソングス・チャートでTOP 40にチャートインしている。

 『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督は、先日米ビルボードとのインタビューで、スフィアン・スティーヴンスの音楽について、歌詞は“非常に示唆に富み、音楽は“純粋でで詩的でシンプル”、そして“声が天使のようだ”と絶賛していた。

 スティーヴンスは2016年、『君の名前で僕を呼んで』の撮影開始1週間目くらいのタイミングで3曲を監督に送った。監督は送られてきた楽曲を編集のウォルター・ファサーノと主演の二人、ティモシー・シャラメとアーミー・ハマーの4人で初めて聴いた時のことをこう語っている。「私のリビング・ルームにいたんだ。自分とウォルターとティモシーとアーミーが。至福で、感動的だったことを覚えている。素晴らしい瞬間だった。私たちは既に団結していたが、ある意味説明できないような何かを感じた。映画を撮るという行為は、仕事としてやるか、人生の一部としてやるかのどちらかだ。そしてこの映画は人生の一部、私たちの人生が絡み合ったものだった。そうしたなか、私たちはこの音楽を聞き、映画への献身の度合いが著しく深まったと思う。魔法に包まれた。午後の間ずっとその数曲を聴いていたんだ」と彼は振り返っている。

関連記事リンク(外部サイト)

スフィアン・スティーヴンス、【アカデミー賞】歌曲賞にノミネート 映画『君の名前で僕を呼んで』サントラ国内盤発売決定
スフィアン・スティーヴンス、名盤『イリノイ』がゴールド認定
スフィアン/ニコ/ブライス/ジェームスによる注目のコラボ・プロジェクト、6/9にアルバムを発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy