体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【究極グルメ】日清「カレーめし」にうまい棒を突っ込むと激しく美味しくなることが判明 / うまいカレーめしにメガ進化

curry-meshi-umaibo1

お湯を注いで5分待つだけで、クリーミィーでスパイシーなカレーが堪能できる日清「カレーめし」。カレーライスのようであり、カレーリゾットのようであり、スープカレーのようでもある、まったく新しい存在、それがカレーめし。その新しい食べ方が発見された。

・うまい棒をカレーめしに突っ込むだけ
その食べ方とは、うまい棒をカレーめしに突っ込むというもの。そう、あの10円のお菓子、うまい棒をカレーめしに突っ込むだけで、新たな美味しさが体験できるのである。

カレーめしも、うまい棒も、どちらもコンビニやスーパーで買えるし、入手しやすいため、いますぐその美味しさを体験することが可能だ。

curry-meshi-umaibo3
curry-meshi-umaibo2
curry-meshi-umaibo1

・作り方はとっても簡単
カレーめしに突っ込むうまい棒の種類はなんでもアリ。特にオススメなのはチキンカレー味とチーズ味。作り方は簡単で、カレーめしに熱湯を注いで5分間待ち、よくかき混ぜたらそこにうまい棒を突っ込んでかき混ぜるだけ。

混ぜているとうまい棒が溶けていくので、最後にうまい棒をすべて突っ込み、スプーンで砕いて混ぜて食べる。

・オススメのうまい棒は?
うまい棒の味の種類によって、大きくテイストが変化するのが特徴であり、楽しさの秘密。チーズ味を突っ込めば芳醇さが増し、チキンカレー味を突っ込めばスパイスの風味が増幅されて、より本格的名カレー味を堪能できる。

・クリスピー感を残したまま食べるのも美味
うまい棒を突っ込んだカレーめしに名前をつけるならば「うまいカレーめし」が適切だろうか。ちなみに、うまい棒は1本だけでなく2~3本投入してもよい。あまり砕かず、クリスピー感を残したまま食べるのも美味である。

curry-meshi-umaibo
curry-meshi-umaibo5
curry-meshi-umaibo4

もっと詳しく読む: 日清「カレーめし」にうまい棒を突っ込むと激しく美味しくなることが判明(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/02/23/curry-meshi-umaibo/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。