体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「第2回プッチン国民投票」は、僅差で“プッチンする派”の勝利に!

「第2回プッチン国民投票」は、僅差で“プッチンする派”の勝利に!

 「プッチンプリン」というプッチン推しの商品名にもかかわらず、2016年に行われた「プッチン国民投票」では、「プッチンしない派」に僅差で敗れた「プッチンする派」。その第2回投票にて、プッチンする派が雪辱を果たした。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 「プッチンプリン」は江崎グリコが1972年に発売し、46年目を迎える国民的プリン。名前の通り、プッチンしてお皿に移せる楽しさと、プルル~ンとした食感が特長だ。

 しかし、2016年に行われた国民投票では、まさかの「プッチンしない派」が勝利。そこで約1年の時を経て、再度勝者を決めるべく「第2回プッチン国民投票」が開催された。

 2017年11月から2018年2月14日まで約3か月かけ行われた投票には、116万156票が投じられた。結果、プッチンする派が50.1%の支持を集め、前回覇者のプッチンしない派49.9%に僅差で勝利。

 プッチンプリン商品担当者によると「昨年まさかの“プッチン”する派の敗北があっただけに、今年は緊張感がすごくありました」と、前回の衝撃を告白。反省を生かし、今開催では様々な施策が行われた。

 まず、今年は「親子で“プッチン”」をスローガンに、“プッチン”する楽しさを広める親子代表として関根麻里さん、青山ららちゃんを迎え、親子で“プッチン”をして食べる楽しさを訴求。

 中盤では、ネットで話題の様々なクリエイター達も「プッチンする派」応援のための作品を公開し盛り上げた。東大LEGO部によるレゴブロックでのあの曲線美を再現した作品や、フリー素材で人気の「いらすとや」の手による、ネットでおなじみの「あの少年」がプッチンする絵の公開など。なお、いらすとや制作の絵3点は、現在いらすとやにて配信が行われている。

 第1回、第2回と今のところ年1回ペースで開催されている「プッチン国民投票」。次回あるかは現時点不明だが、前回、今回と僅差で勝者が入れ替わっているだけに、もしあるならば、また新しいドラマが生まれそうである。もし次回があるなら、これをお読みの読者の皆様は、プッチンする派に投じますか?しない派に投じますか?

(宮崎美和子)

関連記事リンク(外部サイト)

女子高生×掃除機の純愛物語が330万再生突破!記念キャンペーン実施
出前一丁の「ごまラー油」は万能調味料だった!居酒屋で単独サンプリング実施
みやぞんに即興ソング無茶ぶりできるぞ!ダイドー新CMが歌詞募集

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。