体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パン屋さんならではのハンバーガーとラスク

2月22日放送の「朝の!さんぽ道」(テレビ東京系、午前07時35分~)では、冬にオススメの富士山が見える街・成城を散策した中で、「Kiriy’s・Fresh・成城店(キリーズフレッシュセイジョウテン)」(東京都世田谷区)が紹介された。

同店は小田急小田原線成城学園前駅北口から徒歩1分程にあるパン屋さん。お店を構えてからから16年以上の歴史を持ち、2階に併設されているカフェでは、1階で購入した商品を頂く事が出来て、さらにドリンクやオリジナルのハンバーガーを楽しめると評判のお店。

お店を訪れた紫吹淳さんは、「スクエア」(600円)の他に店員さんからお店の人気商品としてオススメされた「キリーズ・ラスク」(1袋750円)を購入。上にマロンクリームを載せたラスクで、これを目当てにわざわざお店を訪れるお客さんも多いのだという。
購入した商品を持って2階のカフェに上がった紫吹淳さんは、お店の新メニューの「スパイシー・ハワイアン・バーガー」(1,280円)を注文。100%ビーフにこだわった特製パテと一緒に、パイナップルとたっぷりの野菜を最高級の小麦粉を使用し、米粉を塗ることでパリパリの食感に仕上げたバンズに挟み込み、味噌と唐辛子をブレンドしたスパイシーソースを加えて辛味をきかせた一品だ。

注文した「スパイシー・ハワイアン・バーガー」を待つ間、紫吹淳さんは1階で購入した「キリーズ・ラスク」を頂く事に、「ちょっと初めて見ますね、こんなラスク。」と初めて食べるマロンクリーム付きのラスクに興味津々の様子。早速、カリッと一口頂くと「う~ん!サクサクなこのラスクの上に、マロンってなかなか新しい食感でとっても美味しいです。モンブランのちょっと、焼いてある感じ?クリームもちょっとパリパリ、美味しいです。」とコメントしたところで、「スパイシー・ハワイアン・バーガー」が完成。運ばれてきたハンバーガーのボリュームに思わず「おぉ~っ!大きい!」と驚きを隠せない様子の紫吹淳さん。両手でハンバーガーを掴んでから一口すると「辛っ!辛いんですけど、パイナップルの甘さと凄い調合して、ハワイアンな感じが広がりますね 。」とコメントした後、上に乗っていたバンズを一口頂いてから「バンズがねぇ、美味しい!はら聞こえます?この音!そんじょそこらのバンズじゃないですよ!このハンバーガーちょっと食べた方が良いかも、パン好きにはたまらない!」と太鼓判を押した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:Kiriy’s fresh 成城店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:千歳船橋・成城学園前のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介
ぐるなび検索:千歳船橋・成城学園前×カフェ・スイーツのお店一覧
ふわふわのかき氷と手作りの熱々グラタン
ふわふわトロトロな「鉄板フレンチトースト」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。