体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

その部屋選びちょっと待った! 独立洗面台ありとなし、どっちがどれだけおトク?

本当に必要な条件かどうかを考えよう!

人気設備でもある独立洗面台。特に女性からの人気が高く、これを必要条件に挙げて部屋探しをしている人も多いだろう。

しかしこの設備、あなたにとって本当に必要だろうか? ここでは独立洗面台のある物件とない物件の家賃を比べ、どれだけおトクかを調査してみた。コスパの良い物件を見つけるヒントとして役立てて。
実際どのくらい家賃に差があるのだろう?|独立洗面台ありVSなし

実際どのくらい家賃に差があるのだろう?独立洗面台あり・なし、実際にどのくらい家賃が違う?

部屋探しの際、譲れない条件としてよく挙げられるのが「独立洗面台」。広々としたスペースで身支度ができるのはもちろん、洗面台の下にシャンプーなどのストックをしまえる収納がついているなど、何かと便利だ。

しかし実は、独立洗面台があるかないかで、家賃相場に大きな差が出てくるのをご存じだろうか? 東京23区内の単身向け物件で比較したところ、独立洗面台の有無によって、家賃相場に12,000円もの差があることが判明した!
この差は大きい。今一度、自分に必要な設備を考えよう|独立洗面台ありVSなし

お風呂のついでに洗面台掃除をいっきにできる!浴室内の洗面台は朝風呂派にうってつけ!

洗面台が浴室内にある場合、濡れた洗い場で身支度を行わざるをえない。しかし、朝風呂派にとってはメリットに! 洗顔・歯磨き・シェービングなどを、浴室で一気に済ませることが可能なのだ。

この際、いっそ朝風呂派に切り替えて、毎朝サッパリ目覚めてみては?

CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。