体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

グリコ『第2回プッチン®国民投票』開票速報! ついに決着した“因縁の対決”の結末とは?

グリコ『プッチンプリン』シリーズを“プッチン”するか、しないかは永遠のテーマであり、それぞれの派閥が激しい論争を繰り返してきた。業を煮やしたグリコでは、“プッチン”する派vs.“プッチン”しない派の白黒をつけるべく、2016年度『プッチン®国民投票』を実施。まさかの“プッチン”する派が敗北するという結果に終わった。これに納得いかない“プッチン”する派は再戦を要求。このほど、2017年度『第2回プッチン®国民投票』が行われ、ついに“因縁の対決”に終止符が打たれ、結果は“プッチン”する派が雪辱を果たした。その勝利の裏側をレポートする!

 

まさに「臥薪嘗胆」。勝利のための地道な努力が実を結んだ“プッチン”する派!

江崎グリコ株式会社(大阪市西淀川区)の人気ロングセラー商品『プッチンプリン』シリーズ(Bigプッチンプリン:160g プッチンプリン3個パック:67g×3・希望小売価格 Bigプッチンプリン130円 プッチンプリン3個パック190円(いずれも税抜))。知らない人は(ほぼ)いないだろう定番中の定番だ。この「プッチンプリン」最大の特徴が、底面にあるツメを“プッチン”することで、プリンのカラメルが上に来るように皿などに開けることができる。当然、この食べ方が一般的だろうと思われていたが、実は“プッチン”せずに食べる人からは不満の声が上がっていたのだ。

 

そんな“プッチン”する派と“プッチン”しない派の論争はSNS上で激化する一方。そんな状況を憂いた江崎グリコは、「プッチンプリン」発売45周年を控えた2016年に『プッチン®国民投票』を実施。まさかの“プッチン”しない派が勝利を収めるという結果となった。

 

そんな“プッチン”する派の敗北に、ネットで話題のクリエイターたちが立ち上がった!

食品サンプルの株式会社いわさきによる“プッチン”された状態のサンプル。まるで本物の「プッチンプリン」のよう

創業85年の老舗食品サンプル製造メーカー・株式会社いわさき(大阪市東住吉区)が、今まさに“プッチン”された状態の食品サンプルを制作。Twitterで公開したところ、「リアルすぎる!」と評判を呼び、“プッチン”する派を大きく後押しした。

 

てらおか現象さんは「プッチンプリンをプルプルさせるマシン連結バージョン」を制作した

また、玩具の機構設計の仕事を経て、現在はマンガを描くなどの活動をするてらおか現象さんは、「プッチンプリンをプルプルさせるマシン連結バージョン」を制作。これをプレゼンテーションするマンガを描き、“プッチンする派”を応援した。

 

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。