体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SUGIZOが音楽監督を務める舞台劇中歌MV公開

SUGIZOが音楽監督を務める舞台劇中歌MV公開

 SUGIZOが音楽監督をつとめる辻 仁成原作・脚本・演出の舞台『99才まで生きたあかんぼう』が2月22日より開幕した。

 本作は時にホロッとし、笑い、悲しみ、喜び、泣く、生きることの意味を問う、胸を打つ人間ドラマ。主演は、村井良大、松田凌、玉城裕規、馬場良馬、松島庄汰、松田賢二、計6人。人生の各場面を鮮明に切り取り、その時代や場所に登場する人たちをキャスト6人が演じ分けている。

 また、この舞台に使用されている辻 仁成とのコラボレーション楽曲「感情漂流」のMV(https://youtu.be/dMypogO3KQ8)として、SUGIZOにとって初となるリリック・ビデオが完成した。辻による研ぎ澄まされた言葉たちとSUGIZOのグルーヴするファンクギターが、混沌とした世界にメスを入れるかのように差し込まれたビデオになっている。

関連記事リンク(外部サイト)

SUGIZO、インフルエンザによりLUNA SEAツアー初日が中止
SUGIZO「VOICE feat.清春」“年季の入ったゴス感”妖艶な目隠しMV公開
LUNA SEA、さいたま2days公演の楽器電源は水素エネルギーで

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。