体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ガチで当てにいかないと姉に勝てない」RENAが格闘技を始めた理由

「ガチで当てにいかないと姉に勝てない」RENAが格闘技を始めた理由
J-WAVEで放送中の番組「CHINTAI TOKYO DISTRICT」(ナビゲーター:秋元梢)。2月18日(日)のオンエアでは、シュートボクシング、総合格闘家のRENA(レーナ)さんをお迎えしました。

RENAさんは12歳のときに格闘技を始め、16歳でプロデビュー。トータル成績は43戦 37勝 5敗 1分け 11KO。2015年に、シュートボクシング 女子世界フライ級王者に君臨し、その年から総合格闘技に挑戦。以降は7戦 6勝 1敗で、他に類を見ない、格闘技界ナンバーワンの存在として活躍しています。

秋元は、RENAさんのことをテレビで知ったそうで「こんな可愛い人が格闘技をやるんだ! 腹筋バキバキじゃん!」と衝撃を受けたと話します。そんなRENAさんが格闘技の世界に入ろうとしたきっかけは、なんと姉妹喧嘩!

RENA:お姉ちゃんが3人いて、4人姉妹の一番下なんですけど。8コ、6コ、3コ上なんですよ。体格でも勝てないし、ケンカしても負けるし、口でも勝てないし。泣かされる一方だったんで、「いつか、しばいたる」と思って始めました(笑)。

空手の見学に行ったRENAさんは、「寸止めするところもかっこいいと思ったけど、ガチで当てにいかないと姉に勝てない」と思ったそう。そこで、実践に近いシュートボクシングを始めたと明かしてくれました。

その後、プロデビューに至りますが、それもジムの先生に誘われて“ノリ”で始めたとか。ジムの先生がシュートボクシングのチャンピオンだったこと、RENAさんがアマチュア世界で負けなかったこともあり、周りの人からも「いけるんじゃないか」と言われたそうです。

練習が大変だとわかっていたので、「無理!」と思っていたRENAさんですが、先生からの「無理だったらやめてもいいから、とりあえずやってみない?」という言葉に背中を押されたといいます。RENAさんは「アマチュア時代に負けなかったこともあって、調子に乗っていたらデビュー戦で負けてしまって(笑)、そこから心に火が付きました」と振り返りました。

格闘技は男性のイメージがありますが、RENAさんは試合のときも華やか。「あくまでも女性でいたくて、試合のときも化粧をして出ています。見た目が男っぽかったら、男性格闘技を見た方がいいじゃないですか(笑)」とRENAさんのこだわりも教えてくれました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「CHINTAI TOKYO DISTRICT」
放送日時:毎週日曜 12時−12時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/district/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy