体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

元ソフトウェア開発者のSF作家、藤井太洋さんに聞いた《後編》─テクノロジーとうまく付き合う方法

ゲノム編集はどこまで進むのか?

前編では、「エンジニアがどこまで社会に責任を持つべきか」という問題、フィルターバブルの問題について考えました。

後編では、人間とテクノロジーの関係についてさらに掘り下げます。


ゲノム編集技術を利用したベンチャーが出てきていますよね。人間の遺伝子による差別の問題も考えないといけないのですが、藤井さんはゲノム編集の未来をどのように見ていますか?


ゲノム編集は身近になっていくと思います。実際、病気を治せるゲノム編集も大量にあります。今、研究されているものはそれが主眼です。特に胎児の段階で分かるゲノムの異常に関して、それを治せるゲノム編集があれば「治療するな」とは止められないでしょう。

SF作家 藤井 太洋さん
1971年、奄美大島生まれ。2012年に電子書籍によるセルフ・パブリッシングで『Gene Mapper -core-』を発表し、Amazon.co.jpの「2012年Kindle本・年間ランキング小説・文芸部門」で1位を獲得。2013年4月に、9年勤務したソフトハウスを退職。『Gene Mapper -full build-』が早川書房から出版され単行本デビュー。2015年、『オービタル・クラウド』が「ベストSF2014[国内篇]」第1位、『オービタル・クラウド』で第35回日本SF大賞を受賞(同時受賞に長谷敏司『My Humanity』)、第46回星雲賞(日本部門)を受賞。第18代日本SF作家クラブ会長。


そうですね。


胎児の遺伝子検査は始まっています。つまり病気の原因があることを知ることができるんですよね。今は確率的に必ず発生するダウン症かどうかなどを判定するために行われているんですけど、そのとき検査のために採取するサンプルには、他の遺伝性の病気であることがはっきり分かる印もあるわけです。


医者はそれを知らせるべきか?という医療倫理的な問題もありますよね。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。