体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小田原城が人気!小田原ツウがおすすめする小田原の新・イチオシ土産

小田原城が人気!小田原ツウがおすすめする小田原の新・イチオシ土産
2016年に「平成の大改修」としてリニューアルが完了した小田原城が人気を集めています。そんな小田原土産といえば、かまぼこや梅干しが定番。実は木工も盛んで、小田原漆器、近くでは箱根の寄木細工が伝統工芸品に指定されています。良質の木材に恵まれ、平安時代からロクロを使った木工の技「木地挽」が受け継がれているという素地のなか、最近はとてもモダンで面白い製品も出てきています。

エコな様式美が美しい器「ひきよせ」

木工の世界では、少しでも節が入っているとその部分は使えないという命題があります。こちらの器は、節を外した間伐材の角材を組み合わせ、貼り付けて塊にすることで、無駄なく使うことを目指しました。手間暇はかかりますが、無垢材に比べ、材料は三分の一で済むそうです。

寄木にすることで、無垢材とはまた違った魅力が生まれました。組み合わせの妙がなんともモダンです。

小田原城が人気!小田原ツウがおすすめする小田原の新・イチオシ土産
こちらは、地元のヒノキを使ったもの。持っていて、軽さに驚きます。木目がひとつひとつ全然違うのが面白いですね。タンブラーやどんぶりは人気で品切れになることも多いとか。お客さんによって、完全に好みが分かれるようで、色味が濃く個性的なものを選ぶ方、あっさりしたものを選ぶ方、様々だそうです。

小田原城が人気!小田原ツウがおすすめする小田原の新・イチオシ土産
ふと疑問に思ったのは、使い続けていくとどうなるかということ。スタッフの方に伺ったところ、「ツヤが出て色が濃くなる」でした。実はこの器のメーカーが器のよさを伝えるために隣でお蕎麦屋さんをやっています。

小田原城が人気!小田原ツウがおすすめする小田原の新・イチオシ土産
そのお蕎麦屋さんから器を借りてきてみせてもらいました。左が3年ほどヘビーユースされたもの。ツヤがでていますね。毎日ぶっかけ蕎麦などが入れられ、がしがし洗われ、味が出ていますが十分きれいです。

長時間水を保管する、食洗機を使う、といったことには木の器は不向きですが、日常使いではそこまで神経質になる必要はなさそうです。家庭ではここまで器を育てるにはもっと時間がかかりそうですが、育てていくのは楽しみですね。

もっと白っぽいメープルと茶色っぽいウォールナットでつくられたものも素敵です。北米から届いた材料でつくられています。

小田原城が人気!小田原ツウがおすすめする小田原の新・イチオシ土産
小田原城が人気!小田原ツウがおすすめする小田原の新・イチオシ土産
クリスチャン・ディオールのパリ本店でも取り扱われるなど、世界の様々な企業から発注が来るそうです。日本でも各種メディアで取り上げられていて注目を集めています。

果樹からできたお箸と器

柿の木材は家具に使われることなどがあるそうですが、各種果物の木から作られたお箸が並んでいるのをみたことがありますか?おそらく全国でも珍しいはず。

小田原城が人気!小田原ツウがおすすめする小田原の新・イチオシ土産
左から、りんご、かき、なし、もも、みかん、うめ、と並んでいて、印字されています。うめ、みかん、なしの地元産のものが特に人気だそうです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。