体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

QOTSAのジョシュとイギー・ポップのコラボを収めた映画の日本版ポスター&予告編解禁

QOTSAのジョシュとイギー・ポップのコラボを収めた映画の日本版ポスター&予告編解禁

 クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのフロントマン、ジョシュ・ホーミが共同監督を務め、ロック界のアイコン=イギー・ポップとのコラボレーションを綴る映画『アメリカン・ヴァルハラ』の日本版ポスターと予告編が解禁された。本作は全世界21か国で上映され、4月より日本公開される。

映画『アメリカン・ヴァルハラ』予告編

 2016年に発売されたイギー・ポップ最後のアルバムとも噂されている『ポスト・ポップ・ディプレッション』。イギーが自費でレコーディングを計画し、自らクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのジョシュ・ホーミにプロデュースを打診したところから始まったこのアルバムは、イギー・ポップ名義作品でも最大級のヒットのひとつとなった。またアルバムに伴うツアーは全公演ソールドアウトとなる成功をおさめた。

 『アメリカン・ヴァルハラ』は、そのコラボの始まりから初のデモ音源レコーディング、アルバムのリリース、そしてロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでのライヴまでを追ったドキュメンタリー映画である。本作には、イギー、ホーミのほか、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジでホーミのバンドメイトであるディーン・フェルティタ、そしてアークティック・モンキーズのドラマーであるマット・ヘルダースの4人が、外部とは完全に遮断されたモハベ砂漠のど真ん中で、一切関係者にも知られることなく作曲、レコーディング作業を行った様子が映し出されている。

◎『アメリカン・ヴァルハラ』予告編
https://youtu.be/1hnD3q5qLm0

◎公開情報
『アメリカン・ヴァルハラ』
2018年4月14日 (土) より新宿シネマカリテにてロードショー
シネマート心斎橋、名古屋シネマテークほか全国順次公開
INFO: http://americanvalhalla.jp

関連記事リンク(外部サイト)

映画『T2 トレインスポッティング』、アンダーワールド/イギー・ポップら収録のサントラ国内盤リリース
“死と老い”を前にシリアスに挑発的に鳴らす、イギー・ポップ一世一代のロック・アルバム(Album Review)
イギー・ポップの4年ぶり新作アルバムが3月リリース! QOTSAジョシュ、アークティック・モンキーズ マットら豪華メンバーが参加

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。