体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビル60階からお花見ならぬ“お空見”を♪日本一空に近い「空ピクニック」開催【池袋】

空ピクニック

もうすぐお花見の季節。ですが、まだ外は寒いし、花粉症の人は外に居続けるお花見はなかなか大変なものですよね。そんなお花見のウィークポイントをクリアしたイベントが、なんと海抜251mの展望台で開催されます。その名も「空ピクニック」

池袋の「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」で、3月1日(木)~3月14日(水)の期間限定で開催されるこちらは、360度ビューの展望台に人工の芝生を敷いたピクニックエリアが登場!フォトジェニックポイントや、カフェメニュー、さらにお酒も飲めて1日中「お空見」が楽しめちゃうんです。夕日が沈む「マジックアワー」の美しさは、誰もがうっとりすること間違いありません!そんな「空ピクニック」の詳細情報をお届けします。

記事配信:じゃらんニュース

ハンモックでグランピング気分も!「空ピクニック」って?

空ピクニック

「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」までは、分速600mの「シャイニングエレベーター」でたったの35秒!海抜251m地点での360度の大パノラマでは、晴れた日には、筑波山や日光連山、そして富士山の姿も楽しめちゃいます。

手ぶらでOKな「空ピクニック」は、そんな展望台で絶景を見ながらリラックスできるイベント。人工芝エリアには、ハンモックやビーズクッションが設置されているので、くつろぎながら、食事やお酒を片手にゆっくり羽を伸ばせます。また、空気が澄んだこの時期の空は、とってもきれい!日中から魔法のように美しい夕方の景色、そして都会の夜景など、1日中飽きることがありません。なにより、屋内なので寒さや花粉の心配がいらないのが嬉しいですよね。

注目ポイント1. インスタ映えする「窓枠フォトフレーム」!

絶景を楽しめる「空ピクニック」では、インスタ映えするフォトジェニックなフォトフレームが2箇所に登場します。その名も「フォトスポットウィンドウ」!こちらは展望台の窓枠を、フォトフレームにしたもの。海抜251mから見える景色を背景に、みんなで「空ピクニック」の写真を撮りましょう!

注目ポイント2. シェアしやすいフード「ピクニックバスケット」

Cafe Quu Quu Quu

展望台にあるカフェ「Cafe Quu Quu Quu」では、「空ピクニック」期間中の特別メニュー「ピクニックバスケット」が登場します!2人でシェアできる量が嬉しいホットドッグやポテト、ウエハース、キャンディがセットになったこちら。ピクニックマットもレンタルできるので、ピクニック気分があがりますね。その他にも、インスタ映えするキュートなフードやドリンク、お酒を販売しています。

注目ポイント3. のんびり読書もOK!空にかかわる本が勢揃い

ゆったりと楽しみたい「空ピクニック」。こちらでは、自由に読める書籍が揃っています。「空」、「雲」、「天気」、「星座」、「天体」などに関する書籍、写真集を眺めながら空の表情が変わっていくのを眺めるのもいいですね。また、お子さんが楽しめる絵本もあるので、家族連れにもおすすめです!

注目ポイント4. まるで魔法!日没前後の「マジックアワー」

日没前後の「マジックアワー」
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。