体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

林家たい平、憧れの村治佳織と対面! 過去に悔しい思いも…

林家たい平、憧れの村治佳織と対面! 過去に悔しい思いも…
J-WAVEで放送中の番組「RINREI CLASSY LIVING」(ナビゲーター:村治佳織)。2月17日(土)のオンエアでは、落語家・林家たい平さんがゲストに登場。村治にかんする切ない思い出を明かしました。

■たい平さん、憧れの村治に会えて感激!

高座やテレビで大活躍しており、あたたかい人柄で見ている人の心を和ませてくれる、たい平さん。実は、村治にすごく会いたかったそうで……。

たい平:村治さんがデビューしてすぐに、すっごく素敵だと思って。
村治:15、16歳のときですよ?
たい平:そうです。もう、20年以上前になりますかね。
村治: なりますね。あっ、20年は越えます、25年近く(笑)。
たい平:僕、村治さんがすごく好きで、CDを買って聴いていました。あるとき、楽屋で春風亭小朝師匠に、「たい平くん、今一番会ってみたい人って誰?」って、突然訊かれたんです。
村治:ええ。
たい平:僕が村治佳織さんの名前を出したら、「えっ、君も!?」って言われて。「そうなんです」「そうだよね」って会話をした数カ月後に、「僕、会ったよ」って言われて……。「そういう世界だよな〜、力があるとすぐ会いたい人に会えるんだ〜」って。
村治:小朝師匠は急にリサイタルに現れました。
たい平:そうでしょ。たぶん、僕が村治さんに会いたいって言ったから、きっと小朝師匠は「たい平くんより先に会いたい」って思って、村治さんのところに行ったんです。

その時の悔しさを持ち続けていたようで、今回の出演依頼がきたとき、たい平さんは「なにがなんでもスケジュールを空けよう」と思ったそう。オンエアでは、念願叶って村治と会えたことを喜んでいました。

■イメージカラーはオレンジだけど……普段の着物は?

この日たい平さんは、黒紋付で番組に登場。『笑点』のイメージカラーはオレンジですが、普段はオレンジ以外の着物を着ているそうです。

たい平:オレンジの着物は日本テレビの貸衣装なので、僕の手元にはないんです。オレンジの着物を着てしまうと、『笑点』のイメージから抜けられないので、いろいろな人物を表現するときは、大好きな江戸小紋などを着てます。

たい平さんの落語を見に行く際は、着物にも注目したいですね。そのほかオンエアでは、音楽もお好きだというたい平さんが、ヘルマンハープを演奏しました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組名:「RINREI CLASSY LIVING」
放送日時:毎週土曜 20時−20時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/classyliving/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。