体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サカナクション、2018ツアー日程&ベストアルバム『魚図鑑』詳細発表

サカナクションが6月から7月にかけて東京・大阪・名古屋・札幌・仙台の5都市10会場で開催するツアー『SAKANAQUARIUM2018』の日程を発表した。3月28日リリース『魚図鑑』全商品形態にチケット先行抽選予約シリアルナンバーが封入され、ファンクラブ先行と組み合わせた第一次先行となる。先行予約の詳細に関しては後日発表される。
サカナクション (okmusic UP's)

また、ツアー発表に併せて3月28日にリリースする初のベストアルバム『魚図鑑』の収録楽曲が発表された。それぞれのCDは「DISC 1 浅瀬」「DISC 2 中層」「DISC 3 深海」という呼称となり、図鑑というテーマに呼応するようにサカナクションの楽曲世界の深さによって収録楽曲が分けられている。「DISC 1 浅瀬」には「新宝島」「夜の踊り子」「アルクアラウンド」などの多数のヒット曲に加え、映画「曇天に笑う」主題歌である新曲「陽炎 -movie version-」が収録。映画用に書き下ろされたバージョンで、当初はベスト盤には収録しない予定だったがリスナーからの要望に応える形で収録が決定した。さらに、完全生産限定盤のみに収録される「DISC 3 深海」にはボーナストラックとしてボーカルの山口とギターの岩寺の弾き語りをバイノーラルマイクでフィールドレコーディングした「グッドバイ -binaural field recording-」が収録される。そして、初回限定盤付属のBlu-ray/DVDは「SAKANAQUARIUM ARCHIVE」という名称となり、これまでリリースされたサカナクションのライブ映像作品から、メンバー・スタッフが厳選したライブ映像が20曲収録。彼らのライブの進化・深化を追体験できる内容となっている他、チケット争奪戦が必至となるツアーの最速シリアルナンバーも封入されている全形態が生産限定の商品となる。
『SAKANAQUARIUM2018 』
6月13日(水)  北海道 Zepp Sapporo

6月14日(木)  北海道 Zepp Sapporo

6月20日(水)  愛知 Zepp Nagoya

6月21日(木)  愛知 Zepp Nagoya

6月26日(火)  大阪 Zepp Osaka Bayside

6月27日(水)  大阪 Zepp Osaka Bayside

7月03日(火)  宮城 仙台GIGS

7月04日(水)  宮城 仙台GIGS

7月09日(月)  東京 Zepp Tokyo

7月10日(火)  東京 Zepp Tokyo
アルバム『魚図鑑』
2018年3月28日発売

【完全生産限定プレミアムBOX】(CD3枚組+魚大図鑑)

VIZL-1370/¥7,000+税

※スリーブケース付きトールサイズ商品を特製ボックスに梱包した豪華装丁プレミアムBOX仕様

※CD収録内容 +ライブ映像(同時発売の初回生産盤限定盤の特典Blu-ray、DVDと同内容の全20曲約100分

のライブ映像)がスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス対応(ダウンロード有効期限:2019年3月31日まで)

【初回生産限定盤Blu-ray】(CD2枚組+魚図鑑 +Blu-ray)  

VIZL-1371/¥5,600+税

※スリーブケース付きのトールサイズ商品

※CD / Blu-ray/DVDの収録内容をスマホで簡単再生できる

【初回生産限定盤DVD】(CD2枚組+魚図鑑 +DVD) 

VIZL-1372/¥4,600+税

※スリーブケース付きのトールサイズ商品

※CD / Blu-ray/DVDの収録内容をスマホで簡単再生できる

「プレイパス」サービス対応(ダウンロード有効期限:2019年3月31日まで)

【期間限定生産盤】(CD2枚組+魚図鑑)  

VICL-64991〜2/¥3,600+税

※スリーブケース付きトールサイズ商品

※2018年6月末までの期間限定生産商品となります。

※CDの収録内容をスマホで簡単再生できる

「プレイパス」サービス対応(ダウンロード有効期限:2019年3月31日まで)

※全形態にサカナクションツアー「SAKANAQUARIUM2018」チケット先行抽選予約シリアルナンバー封入。

※本作品は4形態全て生産限定商品となります。メーカーの在庫がなくなり次第、出荷終了となります。

<収録曲>

■CD Disc 1 浅瀬

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。