体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本の食文化を知るイベント「京都・和食の祭典2018」開催


3月4日(日)に、京都にて、京に脈々と伝わる「和食」文化の魅力を改めて学び、味わい、体験できるイベント「京都・和食の祭典2018」が開催される。

4回目となる今年は、西本願寺の国宝「唐門」周辺を中心に、普段は閉門している「大玄関門」を開門し、龍谷大学大宮キャンパスと合わせた広いエリアを会場として開催。

当日は、京都老舗料亭が合作する「特別点心」や和食料理人による大根炊き、粕汁の販売、和食文化に関するトークイベントや企画展示、和食や京菓子づくり体験、お酒、京菓子の物産販売なども実施される予定だ。

中でも注目は、府内の豊かな食材を使用した食べ物の販売。「海の京都」と題して、伊根ブリなべや丹後あんこう鍋、アカモクコロッケが、「森の京都」と題して、丹波ぼたんなべ、焼鮎寿司、京丹波鶏お巻き、亀岡牛の湯葉寿しが販売されるほか、宇治の蒸し寿司、宇治の茶飯重、竹の子姿寿し、乙訓産たけのこの天ぷらなども並ぶ。

入場無料・事前申込不要で参加でき、開催時間は10:00~16:00。当日、会場の西本願寺南側の「唐門」周辺では、京のグルメが集結していそうだ。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。