体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Xiaomi Redmi 5でオンスtクリーンボタンをカスタマイズ

Xiaomi の Redmi 5 は Xiaomi スマートフォンの中でも珍しくオンスクリーンタイプのナビゲーションボタンを採用しており、画面の一部が操作ボタンになっています。
本記事では新しくオンスクリーンボタンを採用した Redmi 5 におけるナビゲーションバーのカスタマイズメニューをご紹介します。
Redmi 5 のボタンレイアウトは既存モデルと同じ、左から「アプリ履歴」、「ホーム」、「戻る」に設定されていますが、当然のことながらカスタマイズすることができます。
しかも Redmi 5 のボタンはオンスクリーンタイプなので従来モデルよりも多くのカスタマイズが可能です。
ボタンのレイアウトを Android 標準に変更するには、「Mirror Button」を OFF にします。
オンスクリーンボタンですので、Redmi 5 ではナビゲーションバーを隠したり、特定のアプリの場合にのみバーを非表示にしてフルスクリーンモードにすることもできます。
ここが Redmi 5 の新しい部分になります。
さらに Redmi 5 ではナビゲーションボタンの長押しや 3 本指でのスライド操作にカメラの起動、スクリーンショットの撮影、ボイスアシスタントの起動、画面の消灯、フラッシュライトの点灯、今開いているアプリの停止、メニューの表示を割り当てることができます。
例えば次の動画のように、アプリ履歴の長押しでスクリーンショットを撮影したり、ホームボタンの長押しでカメラを起動するような設定も可能です。
これらのカスタマイズメニューは、MIUI の「Additional Settings」→「Button and Gesture shortchut」セクションで設定することができます。

■関連記事
LINEモバイル、「Wi-Fi オプション」と「ウイルスバスターオプション マルチデバイス版」を提供開始
YouTubeアプリで動画をアップロードする際に動画サイズを下げる方法
スマホ動画が超スムーズになる電動スタビライザー「Zhiyun Smooth-Q」のレビュー

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。