体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ふわとろのオムレツがたまらない!「超とろとろオムライス」

2月21日放送の「よじごじDays」(テレビ東京系、午後15時40分~)では、行列ができるとろとろオムライスのお店を特集した中で、「走る洋食屋さんのお店・いなぎ・SATOYAMA・キッチン(ハシルヨウショクヤサンノオミセイナギサトヤマキッチン)」(東京都稲城市)が紹介された。

同店は、小田急多摩線栗平駅北口から徒歩17分程にある洋食店。ホテルやフランス料理店などでおよそ17年修行したという店主が作る料理を味わうことができる。

番組では、お店のメニューとして「超とろとろオムライス・自家製デミグラスソース」(700円/税込み)を紹介。レッド吉田(TIM)さんの前に料理が出されると「うわっ!もうたまんないこの匂いが、デミグラスソースが」と興奮した様子。レッド吉田さんがオムライスを一口頂くと「とろとろですね、僕一切噛んでない…玉子が喜んでますね、口の中で・・・それくらいもう究極のふわとろ」と絶賛していた。レッド吉田さんは店主にオムライスの美味しさの秘密を教えてもらうことに。オムレツは、玉子に生クリームを加え、空気を含ませながら混ぜ合わせることでなめらかな食感になるのだとか。玉子全体をかき混ぜ火の通りを均一に焼き上げたらふわとろのオムレツの完成だ。オムレツにかけるデミグラスソースは、余分な脂などを処理した国産牛スネ肉を約6時間煮込んでソースを作り、スープを継ぎ足して使っているそうだ。ケチャップライスは、自家製のコンソメスープを加えることで玉子とデミグラスソースに負けない味の深みが出るのだそう。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:いなぎ SATOYAMA キッチン 本店(走る 洋食屋さんのお店)(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:稲城のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:その他の料理のお店紹介
ぐるなび検索:稲城×その他の料理のお店一覧
刺激的で繊細な味わい「赤いらーめん」
三崎まぐろをたっぷり味わえる「まぐろ食べ放題」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。