体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

刺激的で繊細な味わい「赤いらーめん」

2月21日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、ランチ限定で味わうことができるお宝グルメを特集した中で、「麺処・あす花」(東京都港区)が紹介された。

同店はスープにこだわったらーめんを味わうことができるお店。一番人気はベーシックな「らーめん」(750円/税込み)。鶏ガラをベースに香味野菜などを加えた醤油スープに、ストレートの細麺を合わせた一杯だ。

まずスープから味わった春輝さんは「雑味が一切ないスッキリしたスープです。やさしい醤油味ですね」と、つづいて麺についても「細麺だけど食感がしっかりあっていいですね」とコメントした。

次に味わったのは、店主いわく「醤油味とは大分雰囲気が変わると思います」というもうひとつの看板メニュー「赤いらーめん」(800円/税込み)。
受け取った器の中はメニュー通りの真っ赤なスープ。「赤い!」と驚きの声をあげる春輝さん、いざ箸を進めると「辛いですね!」と予想どおりの辛さ。しかし「けど、ただ辛いだけじゃなくて、コクがありますね!」とコメント。
この辛さとコクは自家製の辛味噌によるもの。唐辛子、豆板醤、醤油ダレなどを加え、鶏ガラベースのスープを注いだものが「赤いラーメン」のスープだ。
さらに食べ進めた春輝さんは「もやしも一緒にあるせいか辛さを和らげてくれるので…この辛さも、女性に食べてほしいですね」とコメント。刺激的ながらも繊細な味わいを堪能した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:麺処 あす花(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:新橋のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:ラーメン・つけ麺のお店紹介
ぐるなび検索:新橋×ラーメン・つけ麺のお店一覧
刺激的で繊細な味わい「赤いらーめん」
三崎まぐろをたっぷり味わえる「まぐろ食べ放題」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。