体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これでモテる!猫に学ぶ最強モテ術

これでモテる!猫に学ぶ最強モテ術
2017年、国内では飼い猫の数が飼い犬の数を上回ったそうです(一般社団法人ペットフード協会調べ)。もはや、猫の人気は定番ですよね。日本だけにとどまらず、世界で猫の可愛さが話題に登場。SNSでは毎日のように猫の写真や動画がアップされ、猫の記事がランキング上位に上がることも珍しくありません。10年前にブームになった猫カフェはすっかり定番化しました。

 

猫カフェの常連さんは男性も多いってこと、ご存じですか? 女性はさまざまな猫カフェを回って楽しむ人が多い一方で、男性は「この猫!」と決めたらいちずにただ一匹の猫に会いに店に通う人が多いのだそうです。定期的に、律義に会いに来る男性。きっと猫には最強のモテ術があるに違いありません。猫が人の心をつかむ理由を探りながら、猫にモテ術を学んでみたいと思います。獣医であり猫カフェオーナーである手塚恵子先生にお話を伺い、さらにアンケートで男性の意見を聞いてみました。

 

■猫の自由気ままは癒やされる

 

猫といえば自由気まま。自分のしたいことに忠実な動物です。手塚先生は「愛が重くないところが人を居心地よくさせるのだと思います」と言います。人からの愛情はこちらも100%で返さないと、と思ってしまい疲れてしまいますが、猫のあっさりした愛情表現ならこちらの負担も少なくて済むので、結果癒やされるのでしょう。ここで注目したいのは、まったく愛情表現をしないわけではなく、するときはとことん甘えてくるということ。いわゆる無意識にツンデレ行為を行っているのです。

 

20〜30代の男性に「猫っぽい女性と犬っぽい女性、付き合うならどちらの女性が良いですか?」と質問してみました! 結果、33%の男性が「猫っぽい女性の方が良い」と答えました。理由を聞くと、

 

●「ツンデレな女子が良いから」(25歳 東京都)

●「気ままな感じにハラハラしたい」(34歳 東京都)

●「普段はクールだがたまに甘えてくるギャップが良いので(30歳 東京都 会社員その他)」

●「普段はほどほどの距離を保っているが、甘えるときは徹底的に甘えるところ」(38歳 埼玉県 会社員事務系)

●「猫顔がタイプだから。マイペースな方が一緒にいて、気が楽」(25歳 東京都 会社員事務系)

 

などの意見が見られました。というわけでモテ術その1は「愛情表現にメリハリを持つ」ことのようです

 

■「振り回されたい願望」が満たされる

 

猫といえば、一般的にしつけが難しい動物。自分のしたいことに一直線なので、こちらの言うことを素直に聞きません。「行動が予想できて先が見えている相手より、言うことを聞かない相手に振り回されたいと思う男性は多くいます。猫はそういった願望を満たすのが上手なのでは」と手塚先生。「猫っぽい女性が好きな理由は?」のアンケート結果の中に、

 

●「自由で飽きない」(39歳 神奈川県 会社員)

●「つかみどころがないと刺激がある」(31歳 東京都 会社員事務系)

●「予測できないことをしてくるから」(25歳 東京都 会社員技術系)

●「捉えどころのない女性に魅力を感じる」(36歳 神奈川県 会社員その他)

 

などの意見が見られたことからもよくわかります。男性には狩猟本能があります。次に何をするのか予測できない無邪気な彼女に振り回されてみたいと思うのも自然なことかも知れません。モテ術その2は「適度に彼を振りまわしてワクワクさせる」ことでしょう

 

■ふたりでいると楽しい、ひとりでいても楽しい

 

心理学にも詳しい手塚先生が“恋愛の極意”として教えてくれたのは「ふたりでいると楽しい、ひとりでも楽しい」という言葉。これは、猫と暮らしたことのある人ならピンと来るのではないでしょうか。猫は自立していて自由気ままに一匹で過ごすことが多いのですが、飼い主などに甘えてくるときは甘えてきます。猫との暮らしは、癒やされ、適度にワクワクドキドキして、甘えて甘えられる幸せな生活。先ほどのアンケートの答えにも興味深いものが。例えば、

 

●「自立した感じの人が良いから」(30歳 神奈川県 会社員その他)

●「お互いの距離感を適切に保てそう」(28歳 埼玉県 会社員事務系)

●「自分の価値観があって、甘え上手な方がいい」(36歳 東京都 会社員事務系)

1 2次のページ
セキララ★ゼクシィの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。