体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『魔女の宅急便』の街並みチェコ・プラハで、カルボナーラを巡るハプニング

『魔女の宅急便』の街並みチェコ・プラハで、カルボナーラを巡るハプニング
J-WAVEで放送中の番組「ANA WORLD AIR CURRENT」(ナビゲーター:葉加瀬太郎)。2月17日(土)のオンエアでは、BMXライダー・内野洋平さんをゲストにお迎えし、チェコの首都・プラハでのお話を伺いました。

内野さんは1982年生まれ。高校時代にBMXに出会い、2002年に国内のプロ資格を取得。2005年に日本チャンピオンとなり海外へ。これまでに通算5度、世界タイトルを獲得。2012年にはアメリカのトランスワールド社が主催する、BMX界のアカデミー賞「NORA CUP」で、最優秀選手賞を受賞しました。愛称から名づけられた“ウッチースピン”は、内野さんの代名詞として大ブレイク。多くのBMXライダーが取り入れています。

内野さんがプラハに行ったのは2005年で、初めて海外大会に参加されたときでした。

「全部が石畳の街なんですよ。それは戦争をしたことがないから、建造物もすべてそのまま残っていて。でも、石畳って自転車には正直、良くないんです(笑)」(内野さん、以下同)

慣れるまでは、とても自転車に乗りにくい街、という印象だったようです。しかし、街の歴史を知り、その魅力にどんどんハマっていったそうです。また、街を観光する中で、内野さんは「見たことのある街だなぁ」と感じていたそうで……。

「(街にある有名な)時計台を見たときに『あ!』と思って。『魔女の宅急便』の街並みとすっごい似てると思ったんですよ」

内野さんが調べたところ、『魔女の宅急便』のモデルになっているとの情報を得たそうで、「リアルに再現されてるなと思いましたね」と話しました。

そんなプラハでの食事について伺うと、何やら口ごもる内野さん。一体何があったのでしょう?

「みんなのをちょっとずつもらいながら食べてたら、僕が注文したカルボナーラがいちばんおいしいって話になって。で、次の日もそのレストランに行ったら、全員カルボナーラを頼んだんです(笑)」。しかし、その日のカルボナーラは前日に食べたものとは違い、タマネギが入っていて、少し甘くなっていたとか。

3日目も同じレストランに行った内野さんですが、みんなで「今日はカルボナーラはやめよう」と話していたといいます。しかし、いざ席についてもメニューが出てこないうえに、店員が注文をとりにこなかったようで……。どうしたのかと思っていると、なんとカルボナーラが自動的に10皿出てきたとか。

そんな面白い体験をしたプラハについて、内野さんは、また素敵な街並みを見に行きたいと話しました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ANA WORLD AIR CURRENT」
放送日時:毎週土曜19時−19時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/worldaircurrent/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。