体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

JUJU、ジャケ写で美脚を披露! でも家族内では…

JUJU、ジャケ写で美脚を披露! でも家族内では…
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「SAWAI SEIYAKU WONDERFUL LIFE」。2月19日(月)のオンエアでは、JUJUさんが登場。最新アルバムのジャケットに注目しました。

■12歳でジャズシンガーを目指す! そのきっかけは……

2004年8月のデビューから14年目のJUJUさん。12歳の頃からジャズシンガーを志していたそうで、オンエアではそのきっかけを教えてくれました。

JUJU:12歳の頃からジャズシンガーを目指していたというと、すごい高尚な子どもみたいに聞こえるんですけど(笑)。母方の兄弟が5人いるんですけど、母方の兄弟がみんな歌が上手いんですね。音楽が大好きで何かあるとみんなで集まっては、飲めや歌えや踊れやという人たちで。みんな聴く音楽が違って、叔父は演歌しか聴かない、一番上の叔母はジャズとかシャンソンとか、その下の叔母はオペラみたいなのが好きで。その下はカンツォーネしか聴かないし、末っ子のうちの母はディスコミュージックが好きで。それで一緒にいる大人にいろいろな音楽を歌わされて、みんな楽しいんですけど、唯一ジャズだけ、子どもながらに「子どもが歌うと非常に滑稽だな」と思ったんです。

何かしっくりこない、もどかしい思いがあったそうで、「大人にならないとジャズは歌っちゃいけないな」と思ったのだとか。そして、12歳くらいのときに「早く大人になってジャズが歌えるようになりたい」と、ジャズシンガーを志すようになったそうです。

■ニューアルバム「I」はジャケット写真の美脚にも注目

JUJUさんの7枚目となるオリジナルアルバム「I」が、2月21日(水)にリリースされました。中身はもちろんですが、オンエアではアルバムジャケットに写るJUJUさんの美脚にも注目しました。

クリス:もうなんて美しいお御足!いいなあ……すごいなあ……。
JUJU:(笑)。足は家族全員同じらしいですからね。
クリス:お父さんが最高にキレイな足の持ち主だとか……。
JUJU:父が一番ですね。
クリス:(笑)
JUJU:1位、父。2位、姉。3位、母。4位、ビリの私みたいな。
クリス:えー! いつか4人並んで撮ってくださいよ!
JUJU:気持ち悪いですよね(笑)。全員でこのポーズで(笑)。
クリス:ちなみにJUJU家はみんなでカラオケ行って歌うとかそういうノリはあるんですか?
JUJU:あります。父は一番美脚ですけど音痴です(笑)。自分でいうくらい音痴ですね。

トークの最後では、「ミュージックビデオが泣けるので、観る場所を選んで」という収録曲「東京」をオンエアしました。JUJUさんはMVについて、「私はテレビ局で収録中に、『昨日できたから確認しといて』って軽く渡されて、4分30秒超えたあたりから号泣してました。観終わったときには嗚咽してて……全然内容を知らなかったんで、ひどい目に合いました(笑)」と語っていました。気になる方は、ぜひチェックしてみてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。