体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

猫の撮影は「駆け引き」が大事! 写真家に訊いたコツ

猫の撮影は「駆け引き」が大事! 写真家に訊いたコツ
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。2月22日が“猫の日”ということで、この週は猫にまつわるゲストを呼んでいますが、2月21日(水)のオンエアでは、猫写真家の石原さくらさんをゲストに迎え、猫を撮る際のポイントを伺いました。

■白単色・黒単色の猫をうまく撮影するには?

石原さんは雑誌での連載や定期的に写真教室も開いています。小さいときから猫が大好きで、“猫ありき”の写真家さんなんだとか。今も16匹飼っており、猫用に海外から家具を輸入していたりしているそうです。ちなみに自宅には人間は5人だそうなので、数では猫の圧勝!

そんな石原さんにリスナーから、猫を上手に撮影するための質問が届きました。

「白単色・黒単色の猫の撮影がうまくできません。特に黒い子は黒の塊でしかなく、ボツが多すぎてほとんど写真がありません。うまく撮れるコツはありますか?」

黒猫の場合、屋内か屋外かによって大きく違うそう。屋内であれば、撮影する場所を選ぶことが重要。

石原さん:黒い背景とか濃い色のフローリングの上で撮っちゃうと真っ黒に写ってしまうんですね。顔を明るくするために、人間の撮影のときに使う“レフ板”の代わりになるようなものがあるといいんですよね。猫がお気に入りのベッドが白ければいいですけど、なければタオルとかシーツでもいいので、猫の顔の前に置いて撮影すると顔が明るく写せるようになります。

そして白猫の場合は、光が飛んでしまうことを抑えるために、あえて影で撮影しましょう。もしくは周りに黒い布を張ったり、黒い布を置いて撮影すると光が抑えられるそうです。

■野良猫を撮るなら「低姿勢」で!

続いての質問は……。

「野良猫と仲良くなって写真を撮りたいなと思うんですが、だいたい逃げられます。うまく撮るにはどうすればいいか、ヒントはありますか?」

石原さんいわく、まずは“低姿勢”になることが大事。歩いて近づくと逃げてしまうため、猫を見つけたらしゃがんで「あなたに興味ないですよというふり」をして、猫の気をゆるませ、その瞬間を撮影するといいでしょう。

飼い猫と野良猫両方に共通する大事なことは「深追いをしない」。深追いすればするほどよい写真が撮れないので、遠くから撮ったり少しずつ撮ったりと、時間をかけて撮影しましょう。

これらの話を聞いたクリスは「駆け引きですねえ……」と感心。石原さんによると「猫の写真はその駆け引きがあるから楽しくて、撮り始めたらやめられないのかも」と答えていました。

石原さんのアドバイスを活かして、飼い猫や野良猫を撮影してみてはいかがでしょうか。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy