体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自転車を使えば住む街選びの幅が広がる! 自転車通勤・通学のススメ

自転車を通勤・通学に取り入れて、生活の自由を手に入れよう!

毎日の通勤・通学を自転車に切り替えれば、街選びの選択肢が一気に広がるだけでなく、家賃も割安に! 交通費の節約や運動不足の解消など、メリットもたくさん。あなたも自転車通勤・通学生活、始めてみない?
自転車があれば生活は便利になる!

自転車があれば生活は便利になる!満員電車のストレスとお別れ! おトクで快適な自転車ライフ

多くの学生や社会人にとって避けては通れない通勤・通学電車。特に都市部における混雑はすさまじく、多くの人にとってストレスの元になっている。住む街を上手く選ぶことで通勤・通学のストレスを軽減する方法はないだろうか?

そこでオススメしたいのが「自転車通勤・通学」! 自転車の進む速度を分速250mとすると、学校や会社から5km圏内に住めば片道20分程度で通える。最寄り駅までに自転車を使うという選択肢を入れれば、物件探しのエリアも相当広く考えることができる。

毎日の通勤・通学を自転車に切り替えれば、交通費を浮かすことができるし運動不足も解消できてしまうなどメリットがたくさん。次に引っ越すなら、ぜひ自転車通勤・通学も視野に入れて街を選んでほしい。
自転車を活かせば通勤・通学のストレスも軽減!

自転車を活かせば通勤・通学のストレスも軽減!自転車通勤・通学3つのメリットとポイント

自転車で通勤・通学するメリットは大きく分けて3つ。これらをメリットだと感じることができれば、今ずぐ通勤・通学を電車&バスから自転車へチェンジ! ポイントもしっかりチェックして、抜かりなく自転車通勤・通学をスタートさせよう。メリット1.家賃を抑えられる可能性大!

交通手段を自転車中心に考えれば、駅からの距離や所要時間にこだわらず部屋探しができる。そのため、同じ条件の物件でも、駅近で部屋を探すより安く見つかる可能性がぐっと高くなる。メリット2.交通費の節約にも!

慣れてしまえば10km、15km先まで自転車で出掛けることも可能。平日・休日問わず交通費の節約ができそうだ。ただし、会社によって自転車通勤による通勤手当の規定が異なることもあるので、勤務先に確認してみよう。メリット3.行動範囲が広がる!

自転車一つあれば、ルート選びも自由自在! 路線図にとらわれず行き先を決めることができるので、いままでより行動範囲が広がりそう。知っている街でも、いつもと違う道を通れば新たな発見があるかも?自転車通勤・通学する前に確認しておきたいポイント

●通勤・通学先付近に駐輪所を確保しよう
通勤・通学のたびに一時利用の自転車置き場に停めるのは大変だ。もし空きがなく、探しているうちに遅刻してしまってはまずい。1ヵ月ごとの定期利用ができる駐輪場などを申し込んでおくとよいだろう。

●雨の日・風の日のために代替手段を確認しておこう
悪天候の日に無理して自転車で通勤・通学するのは、視界が悪くなったり道路が滑りやすくなったりするため危険。無理に自転車で行かない方が得策だ。天候が良くない日のために、代替手段のルートも調べておこう。
意外と多い自転車のメリット

意外と多い自転車のメリット自転車を買うまえに、まずはシェアサイクルで始めよう!

自転車通勤・通学をやってみたいけど、長続きするか心配……。そんなあなたは、まずはシェアサイクルでトライ! 利用登録も簡単で、街中のサイクルスポットを利用できる。全国の主要都市からオススメのシェアサイクルをご紹介。【札幌】ポロクル

ポロクル
1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。