体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

はね馬スキー国体会場「赤倉」に電波を届ける! ゲレンデで行われた電波調査に密着

リュックの中には複数台のスマホが!

ここは新潟県妙高市の赤倉観光リゾートスキー場。2018年2月25〜28日に開催される「にいがた妙高はね馬国体」の競技会場を擁する老舗スキーリゾートだ。

ゲレンデを颯爽と滑っているこの3人は、国体の選手ではない。スキーやスノボをエンジョイしに来た一般客でもない。仕事でこのスキー場にやってきたKDDI社員である。


左から、KDDI北関東エンジニアリングセンター・黒田英男、同・児玉佳典、KDDIコンシューマ新潟支店・西方沙織

快適なエリア構築のため、通信インフラの建設と保守の担当者だけでなく、直接お客さまと接する営業部門も電波調査に参加。3人はこの日を含む3日間ここに滞在し、日中はずっと滑り続けるとのこと。

ゲレンデの中腹で足を止め、各自が背負ったリュックからスマホを複数台取り出し、画面を見つめる3人。

数分後、スマホをリュックに戻し、出発。

初級者向けの緩斜面から上級者向けの急斜面まで、あらゆるコースを隅から隅まで滑る。なかには、非圧雪のチャンピオンゲレンデのような、熟達したスキルと経験がなければ滑れない難度の高いコースも少なくない。例年になく積雪の多い今年、ゲレンデは絶好のコンディション。スキーヤーやスノーボーダーにとっては羨ましい限りだが、本人たちに浮かれた様子は見られない。

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy