体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

UK音楽界の重鎮も絶賛! 「ゴーゴー・ペンギン」グループ名の由来とは

UK音楽界の重鎮も絶賛! 「ゴーゴー・ペンギン」グループ名の由来とは
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「MUSIC +1」。2月19日(月)のオンエアでは、イギリスのマンチェスターで結成されたピアノ・トリオグループ、ゴーゴー・ペンギンが登場しました。

クリス・アイリングワースさん、ベーシストのニック・ブラッカさん、ドラマーのロブ・ターナーさんの3人からなるゴーゴー・ペンギン。2009年に結成、メンバーチェンジを経て現在のスタイルになったのが5〜6年前とのこと。2014年にはイギリスのマーキュリー・プライズにノミネートされ、名門ジャズ・レーベル、ブルーノートと契約し、世界的にも注目されるようになりました。

■ちょっと変わったグループ名…由来は?

オンエアでは早速メンバーに、ゴーゴー・ペンギンというちょっと変わったグループ名の由来について質問しました。

「家にペンギンのおもちゃがあって気に入っていて。友だちがマンチェスターでイベントをやるんで呼ばれたときに、『名前は?』と聞かれたので、ゴーゴー・ペンギンにしたんだ(笑)」

そんなメンバーに向けて、世界的なDJジャイルス・ピーターソンさんからコメントが到着。

「ジャズと即興、そこに少しだけ電子音を混ぜた彼らの世界観は、現在世界で最も才能のあるトリオだと思います。彼らの音楽は複雑だけど、リズミカルでメロディアス。美しい音の旅のよう」

UK音楽界の重鎮から寄せられた絶賛のコメントに「やさしい言葉ですね」とメンバーもうれしそうでした。

■最新アルバム「ア・ハムドラム・スター」は2週間で作った!

番組では彼らの最新アルバム「ア・ハムドラム・スター」から、収録曲「レイヴン」をオンエア。この曲は「カラスとチェスをする夢から生まれた」のだそう。

アルバム制作についても明かし、いつもよりも長い時間かけて制作に臨んだと話してくれました。

「いつも曲作りをしているんだけど、アルバムを作るときはまとまった時間を取るんだ。今回は2週間だったんだけど、最初50のアイディアから始まって、その中から作っていった。2週間というのは自分たちには長いほうで、ファーストアルバムは3日、前のアルバムでは5日間で作ったんだ」

今回のレコーディングは、特にライブの雰囲気を意識して作ったそうで、「実際にはお客さんのエネルギーをもらえないのでどうしても変わってしまうけど、(ライブを)なるべく再現するためにジャムセッションをした」とのこと。サッシャが「じゃあ100人くらいファンを招待してライブっぽくレコーディングしたら?」と提案すると「それはストレスが多すぎるよ(笑)」と答えていました。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。