体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インドにもハイパーループ!ヴァージングループが5~7年以内に建設へ

Techableでは先日、米国のHyperloop Transportation Technologiesが米イリノイ−オハイオ間でハイパーループ実現可能性調査を行うことを取り上げたが、インドでも同様の計画が進められることがこのほど明らかになった。

ヴァージングループから出資を受けているVirgin Hyperloop Oneがインドの地元政府と建設について合意し、5〜7年以内に建設が始まる見通しだ。

・年間1億5000万人の利用

建設するのは、インドのムンバイとプネを結ぶ約150キロメートルのルートで、ナビムンバイ国際空港を経由する。現在は車で3時間かかるが、ハイパーループならわずか25分に短縮される。

同ルートについては、すでにプレ実現可能性調査が終了していて、それによるとこの2都市には2600万人が居住し、開通すれば年間1億5000万人の利用が見込まれるという。

また、住民の利便性に加え、車の利用を抑制できることから環境への負荷を減らし経済効果も期待できるとのこと。

・2〜3年以内に試験トラック

今後のスケジュールとしては、さらに調査を進めて2〜3年以内に試験トラックを建設し、5〜7年以内に正規トラックの建設を始める予定。

今回の建設合意について、ヴァージングループのリチャード・ブランソン会長は「20世紀に鉄道がもたらしたインパクトを、ハイパーループが21世紀にもたらす。ハイパーループ導入でインドは交通輸送の分野で世界のパイオニアとなる」とコメントしている。

Virgin Hyperloop One

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。